ネオリアリズム マイルCS回避

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ネオ回避→香港Cへ

読了までの目安時間:約 2分

 

不良馬場の天皇賞(秋)は、足慣らしの一戦ということもあり、直線見せ場なく13着に敗れていたネオリアリズム。
日曜日のマイルCSにも登録していたが、こちらを回避し、12月10日香港・沙田競馬場で行われる香港国際競走のメイン・香港C<芝2000M>に向け調整されることが分かった。

中山記念はお世辞にも上出来という状態ではなかったが、そこで実力派古馬を一蹴し、返す刀で香港Cと同条件のクイーンエリザベスⅡ世Cも制し、GⅠ馬の仲間入りを果たしているネオリアリズム。
縁起のいい舞台で、ロードカナロアや少し前ではエイシンプレストン、同期にして堀厩舎の僚馬であるモーリスのように、当地のファンを再び唸らせる走りを見せられるだろうか。

10月から12月にかけて3、4戦するマイル以上のチャンピオン級というのは、有馬記念が特殊なコース形態ということもあって、あわよくばという狙いで挑む馬は例外としても、基本的には尻すぼみか尻上がりかのどちらかである。
ネオリアリズムは大レースを一叩きして、再び大きなタイトルを狙いに行くわけだが、馬場状態の異常さを考慮しても、選んだレース全てを好走するのは、今のキタサンブラックの充実ぶりをもってしても、容易なことではない。
同時に、最初があまりにも冴えないと、春よりも仕上げ方そのものは楽なので、復活せずということも多い。
最後は有馬、という馬以外には、秋緒戦の内容は結構重要だ。
重馬場重賞の好走馬が、女王杯では良馬場で叩き合いに持ち込んだが、昨年のサトノクラウンのような一変は有り得るのか。
高齢馬だけに、心配はある。

 

タグ :      

ニュース   コメント:0