2014菊花賞

競馬予想ブログ JUST

菊花賞(2014)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

菊花賞だからこそ、こういう上がり馬による実績馬封じがあってこそ、とんでもない競馬になることがある。先週のレコード決着には、話の続きがあったようだ。

ダービーは厳しい。そして、菊の時計が速くなると、それよりもっと厳しい戦いになる。父が教えてくれた、凄まじい菊の走り方を、この馬はそんな父以上に上手に立ち回って、ハイパーレコードで駆け抜けて見せた。
トーホウジャッカルのポテンシャルの高さ、その急上昇した気運にも驚くべきものはあるが、神戸新聞杯でみることのできなかった、不利がなかったらどうだったのか、の続きがこの結果なら、ダービー前日デビューで、それも全くレースにならなかった5か月前の未勝利戦から始まったこのシンデレラボーイストーリーに妙なまとまりを感じてしまう。
「必要なものだけが欲しい」

前半が速すぎると時計が出ない。
セイウンスカイを駆った横山典弘は、長距離戦では何よりリズムが大事であることを知っている。例え前半が速かったとしても、ロスなく回ってくればスタミナ切れにはならない。この日のラップ概要は、
1000M通過 1:00.9
2000M通過 2:02.2
そして、勝ち時計が3:01.0。
最後の1000Mは58.8。外差しが決まるわけがない。
1:30.5で1500Mを走るということは、そんなに難しい試練ではないのにだ。
もうそうなったら、パドックから汗をかいていたダービー馬のツル首になった最初の下り坂での姿から、直線での失速にも納得がいく。
これも血が抗うことのできぬゾーンの話なのだろうか。10年前と同じだった。

酒井騎手が最近になって、やたらと重賞級の馬に跨って大仕事をするシーンが目立っている。
小柄なせいか、ハンデキャップ競走の軽量馬をよく委ねられる時代が長かったが、そんなのはもう昔の話なのだ。こうやって次から次へとチャンスが巡ってくるようになり、初騎乗の菊を一発で仕留めた。いい流れが続いている。
「3000Mのレースのことは知ってましたから」
万葉Sだって、京都3000Mのレースである。

必然性が詰まった乱菊。
トゥザワールドは少し気になるが、それほど今年のクラシックは終始死闘の連続だったのだ。
出来ることなら、みんなじっくり休みたい。セイウンスカイ然り、ソングオブウインドも然り…。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方