2016年 阪神C

競馬予想ブログ JUST

阪神C (2016)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

浜中俊騎手がミッキーアイルとともに、マイルCS2着のイスラボニータを返り討ちにできるか、否か。

フジキセキ産駒は、このレースで3勝している。
昨年の勝者・ロサギガンティアとは同期のイスラボニータは、皐月賞の前に同じく1800重賞を制して本番に挑んだが、雌雄はあっさり決ました。
前回が初対戦であったマイルCS1、2着馬との関係より、因縁はより深いとも言える。

では、この阪神Cは5歳馬に有利な設定なのか。
6回5歳以下のGⅠ好走馬が勝っている。
ただ、6歳以上が4回、キンシャサノキセキは7歳秋にこのレースで連覇を果たしたという記録の方が、このレースの特徴を色濃く示している。

しかし、キンシャサノキセキという特異な才能が6歳時に初制覇を果たしているだけで、あとは連覇時の記録が6歳以上というだけのことでもある。
ほぼ、実績上位の馬に有利であり、力勝負ということだ。

◎イスラボニータ
○ミッキーアイル
▲ダンスディレクター
注グランシルク
△シュウジ、エイシンスパルタン、スノードラゴン、フィエロ

本当の意味で怖いのは、有力馬に足らない瞬発力を秘めるグランシルクだが、正真正銘病み上がりの福永騎手が騎乗するという点以外にも、1400が得意というだけで推せるほど、ここは単純な適性の勝負とはならない。

一方、阪急杯逃げ切りなど、1400高速決着に強さを見せてきたミッキーアイルにも、ここはベストの舞台とはなり得ない。
どう乗っても期待薄のロサギガンティアも本線では勇気がいるし、詰まる所、可能性の選択の中で、フジキセキ×コジーンがいかにも得意そうな、渋残りの1400での力比べに重い印を打つことは、常道をいっている気もする。

色々な意味ということでは、重い印を打った3騎手は、日曜日の大本番でも必ずマークしないといけない実績上位の馬に跨る。
同じ順番はないだろうし、マイルCSの因縁も含めて、見どころ満載の週末ではあるが、阪神Cへの適性を考えて詰めていけば、この決着が望ましいというだけで、深い意味はない。
ただ、トップジョッキーだから推しやすいというだけのことである。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方