競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

東海S(2017)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

あまりにも遅い流れではあったが、日頃から苦しい位置につけても最後まで伸びてくることができていたグレンツェントには、その成果を出すのに最も適した競馬になった。
得意ではなくても、いつもちゃんと走る馬。
その正反対の位置にいるのが、自分の競馬ができないと脆いアスカノロマンだ。
2頭が並んでゴールするシーンは考えにくかったが、質の高い砂巧者が多い4歳世代には、鋭さという武器がある。
これを古馬の中距離タイプに求めるのは酷だ。
素直に、この若馬の上昇力を評価すべきだろう。

どういう経緯で横山騎手に乗り替わったのかまではよくわからないが、戸崎騎手もルメール騎手もお手馬はたくさんいる。
今回の横山騎手の判断からして、自分から動いていくタイプではないという結論になったように感じる。
流れてくれれば…。
昨年のような、超高速馬場でのスピードマッチのフェブラリーSではさすがに辛いだろうが、同厩のノンコノユメがそこでいい走りを見せていた。
今の段階で抜けた存在はいないから、堂々と自分の武器を信じて勝負に徹したい。

インカンテーションがスタートの本当に直前になって、やや気もそぞろという素振りで、やっぱりの出遅れ。
ショウナンアポロンが久々に先行しようという意思を見せたから、最内枠発走のアスカノロマン・和田騎手は、その他行きたい馬を行かせて悠々の好位のイン追走になったが、前述の通り、みんな楽な手応えだったので、単純な先行残りにもならず。
モルトベーネ、メイショウウタゲ、カゼノコ…。好走理由を探すのは難しい。

これに続いたのは、緊急乗り替えの川須&ピオネロ。
あの超ハイレベル決着であったシリウスSの2着馬で、ダートで変わり身を見せてからは初めて負けてしまったのは記憶に新しいが、よく考えるともう6歳馬なのである。
ペースも合わず、主戦も乗れずというのはかわいそうすぎた。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方