2017年金鯱賞

競馬予想ブログ JUST

金鯱賞(2017)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

内にいた関東馬の人気2頭が、存外好位付けの競馬で驚かせたはしたが、結局道中からずっと揉まれ通しで脱落。

今回のパドルウィールはロードヴァンドールではないかという見立てで、予想の組み立てをしていたから、ハイペースはないけれども、平均ペースの単騎逃げには絶好のメンバー構成と思って、外枠から先手を奪った時は、シメシメとほくそ笑んでいたのだが、フルーキーがやや外に逃避気味のスタートから、ちょっと序盤が遅すぎたことで前に追いついてしまったから、最後まで逃げきれなかった。

もうそうなったら、外から来るクールな差し馬の出番である。
中京2戦でともに重賞レースで素晴らしい上がりを記録していたヤマカツエースが、混戦のゴール前で一頭抜け出し、人気に応えた。
決め手もそうだが、適性という面でのアドヴァンテージが、大接戦の人気薄勢の台頭を生んだように思う。

前記の関東馬は、左回りで広い馬場に魅力を感じての参戦であったが、旧コースの金鯱賞とは違い、GⅠを目指す馬のためのレースという雰囲気がまるでなくなってしまったから、ラブリーデイも2戦2敗であったことを考えると、ヤマカツエース以外の人気馬に実力が足らなかったというのも早計である。
ただ正直言うと、世界レベルのミドルディスタンスホースがゴロゴロいる日本の2000M路線にしては、やや低調の印象は拭えない。
よって、勝ち馬から0.5秒以内に10数頭がゴールインしているという結果に、疑問が生じてしまうのだ。

武器は一応あるロードヴァンドールは、溜めればキレるヤマカツエースと、展開一つで、いや、競馬場が変わればもっと差のない力関係であろう。
となると、どの馬がどうこうという組ではないことになる。
ステファノスがまたしても勝ち切れなかったことでもわかるように、勝ち味に遅い馬がちょっと多すぎた。
上位4頭には、近2走以内に勝ち星があった。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方