2017年ユニコーンS

競馬予想ブログ JUST

ユニコーンS(2017)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

結局、予報通りに雨は降ったが、表面が濡れただけだった。
それよりも、短期間に乗り替わりが2度起こったリエノテソーロの方が心配であったわけだが…。

テイエムヒッタマゲがじわっと先行したところ、逃げなきゃいけないんだという強い意志を感じさせる強引な手で、最内枠からグイグイ押して出るシゲルコングと木幡巧也騎手の姿を見た時、函館スプリントS以上に嫌な予感がした。
内枠だから、人気も背負っているということで、リエノテソーロに急に乗ることになった内田騎手は、正攻法で戦う手しか思いつかなかっただろう。
至極当然であり、直線に入るまではそれは間違いなかったように感じたが、逃げ粘ろうと直線入り口でも結構なリードがあったシゲルコングに対し、リエノテソーロの方はというと、外から迫るサンライズソラら500kg級の牡馬勢に追い立てられるように、イメージよりはるか先に仕掛けていかざる得なくなってしまった。

この時点で、穴党の多くはほくそ笑んだはずだが、穴人気とも言えない17倍の支持だった末脚自慢のハルクンノテソーロが、こちらこそ出番だと坂上で抜け出した瞬間、大外から凄まじい勢いに伸びてくるサンライズノヴァにびっくりさせられることになった。

有力であるとされた馬ほど、冠号パラドックスにファンは苛まれたわけだが、この日の戸崎騎手が昨年の今頃くらい乗れていたから、ダート重賞ということもあり、ここは牡馬でも大丈夫だろうと、堂々2番人気であった。
GⅠ馬には軽い条件だろうと思わなかった人たちにすれば、何ともおいしい馬券ではあったが、戦慄の4馬身大楽勝は、ただ1頭1分35秒台での快走だったから、単に力が抜けていたことを示す一戦だったことを、見た目にも数字面でも誇示する結果になった。

前にはかなりきつかったとはいえ、男らしい先行型がダート重賞にしては少ない、まだ絶対数も多くない時期ということもあり、大半が1分37秒台でしか走れなかったこのレースは、リエノテソーロの1強説の変形というか、他の男馬に力のある馬がいたとすれば、その馬の独壇場になる組み合わせであったことは確かだ。

ゴールドアリュールを父に持ち、近親には不良馬場のフェブラリーSを、今回と似たような差し差し決着で外から伸びたサンライズバッカスがいるという背景から、フルゲートの新馬戦をここで勝っている実績を素直に信じれば、もうそれだけで簡単なレースだったと後から調べれば後悔ばかりのサンライズノヴァなのだが、これもまたパラドックスがあったように思う。

リエノテソーロが、もしもアネモネS4着後に青竜Sか何かを挟んだかはともかく、GⅠになど目もくれずにここに挑んできて、抜けた存在になかったら、その時のサンライズノヴァはどうだったのか。
他2場の芝が異常な状態だったので、基本的に不変たるチャンピオンコースの東京ダートの1600にそれをあてはめるのもおかしな話だが、今回非力さをこの上なく見せてしまった中型牝馬のリエノテソーロに、迫力のダート戦における適性が欠けていたとしても、絶対に敵わなかった…、という結果なのかもしれない。

手駒豊富な音無調教師は、プロデューサーとしての手腕もかなりのものがある。
強気の競馬を身上とする若い松若騎手ではなく、新馬戦以来の戸崎騎手への再依頼により、この抜群の決め手が引き出されたのは確か。
大きい馬だから、前に行った方がいいだろうという普通の考え方ではなく、ゆっくりエンジンを掛けてあげると、終いはしっかり伸びる。
カンパニーやサンライズバッカスも、そういったアプローチの変更でGⅠ馬になったのだ。
ここは素直に、サンライズノヴァとその陣営の凄みにひれ伏されようと、筆者は思うのである。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方