2017年七夕賞

競馬予想ブログ JUST

七夕賞(2017)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

スタート失敗は予想通りのスズカデヴィアス。一方、序盤からマルターズアポジーに鈴をつけに行ったフェイマスエンドの石川騎手は、やはり乗れているということか。

ツインターボだって、周りについて行ける馬がいないから、暴走気味の先行策でも粘れたのだが、1角までの距離が取れることで位置もとりやすくなるから、人気の先行型がいるとこういう展開も有り得なかったわけではない。
ちょっと休み明けのせいで、暑さもあるのだろうが、あまり競馬に集中できそうではなかった状態で、こういう仕掛けられ方をされたら、3角過ぎ失速も仕方ない。

マルターズアポジーがダメだなと思った刹那、外枠が特に歓迎というわけではなかったマイネルフロストが、昨年の函館記念を制したミラノばりの超攻撃的なロングスパートを敢行して、あわやのシーンを演出。
久しく勝っていない影響もあり、GⅢで格負けするような馬ではなかったものの、ブリンカー効果以外に主な推し材料がなかったせいで、重賞連続好走でも中心視されることはなかった。
そういう馬に乗った時に、マイネル専属になっている柴田大知騎手や松岡騎手がおとなしい競馬をすることはあり得ない。

こういうレースだから、ヴォージュとかタツゴウゲキに期待する人もいっぱいいたはずだが、ダービー3着馬の意地を見せ、完全に流れ無視の仕掛けでもゴール前まで粘り込んで見せた。
穴馬に出番はないという展開になってしまい、あとは時計に足かせがつかなくなってから活躍するディープ産駒が人気順に入線。

先週のヒーロー・セダブリランテスと同じ一族のゼーヴィントが、休み明けのハンディをモノともせず、いつもの感じのじわじわと前との差を詰める安定の競馬で、最後はマイネルフロストを差し切った。
地味ながら、まだ4歳という若さがあって、上を目指せばどこまでもとはいかなくても、ただただ地道に関東圏の右回り中距離重賞をコツコツと使われてきたこの馬は、ここまで重賞では【2300】、その前のプリンシパルS3着の前に中山で連勝したことを合わせると、7戦完全連対の高適性と改めて証明した。
既にダイワテキサスやマイネルミラノの域に達しつつある。

東スポ杯3着から、延々伸び悩み続けること2年半ほどのソールインパクトも、3歳春以来となる重賞への格上挑戦で、ようやく好走した。
これら2頭に共通する母系にダンチヒとダマスカスの入ったディープ産駒というのが、本来のキレを鈍らせる要因であり、毎年のようにクロフネ×サンデーが穴を開けている傾向にマッチした特注馬であったということになる。
元々穏やかなレースにはならない七夕賞ながら、特段後方が差してきたというほどの位置取りでなく、どういう流れでも中団辺りには陣取るような馬たちだから、流れを見ながらの進出とはいえ、直線はマイネルフロストともども、歯の食いしばり合いの展開を自ら望んだ結果が、功を奏したということだろう。

本命馬の競馬をしたとはいえ、その中でもセーヴィントはやはり、アメリカJCCのハードな展開でも崩れなかったことが、血となり肉となったという意味で、また一つ成長したように映った。
今回で57だから、得意の小回り・小倉か再挑戦の左回り・初の新潟どちらを次戦に選択しようとも、これより軽くなることはない。
いずれまた挑むことを考えるだろうGⅠに向けては、裏路線組の強みとなる斤量経験で、今度は若手を向かい打つ場面で、大仕事をやってのける馬になれるのかもしれない。

先週のセダブリランテスよりは、いくらか柔軟に立ち回れる強みはあるが、スローの瞬発力勝負などなくなってしまえばいいのにというような今回の競馬を見る限りでは、まずは新潟の瞬発力勝負での経験と結果に、次の展望が見えてくる気がする。
渋いディープ産駒に、秋の東京は似合わない。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方