2017年函館2歳S

競馬予想ブログ JUST

函館2歳S(2017)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

日曜日はずっと1番人気だった2戦馬のカシアスと、超低評価ながら、新馬勝ちの内容は平均ペースからの好位抜け出しで時計が目立たなかっただけのウインジェルベーラとの争いになったが、ここまでは同斤での争いとなる全くの横一線の条件は、得てして、本物の牡馬には有利に働くもの。
ファンの評価は正しく、一頭だけゴール前で違う伸びを見せたカシアスが、4角までの手応え互角のウインを何とか交わし切り、函館チャンピオンに輝いた。

2戦目で早速作戦変更のというのは、長い目で見ての作戦となるものだが、このカシアスは、逃げた新馬→好位のインから先行馬の間隙をつく競馬で、3馬身半という着差はおろか、1200Mの持ち時計でも福島組を凌ぐ1:09.4だったから、想像以上に力差があるという見立ても、当然のところがあった。

新馬で負かされたナンヨープランタンが追走に手間取り、今回は先手を奪ったパッセのペースはまずまずの3F34.5秒だから、そもそもスピードを競う1200M戦で、今までよりもっと落ち着いた位置取りから、最後は少し疲れもあったか、すっきり真一文字とはいかない末脚で差し切り勝ちというのは、時計の1:10.0でも判るように、単純なスピード決着というよりは総合力の勝負という趣で、むしろ、この距離での限界点を示したことで、もっと距離への展望が開ける初重賞制覇になったのではないだろうか。

近親にはNHKマイルC2着後低迷するも、5歳になって復活し、高松宮記念を制したファイングレインがいる。
ダンチヒやヒズマジェスティのクロスには、大種牡馬のデインヒルを作った血が混じり合っていること以上に、万能性を誇ったグラスワンダーとも共通したバッグボーンを持ち、近年見逃せない夏のローカル2歳王者の最右翼として、カシアスに掛かる期待は実に大きなものとなった。



* * * * *

メルマガ「馬券名人養成プログラム」

当ブログの重賞レース予想はメルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日の午後に先行配信しております。

2019年は、マーメイドS 馬単33,680円、日本ダービー 馬連11,200円、CBC賞 3連単16,300円などを的中。まぐまぐ!公認の【殿堂入りのマガジン】。配信回数は月間4~6回です。

メルマガのご登録は下記よりお願いいたします。
 ↓ ↓
まぐまぐ!「馬券名人養成プログラム」

* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧