2017年クイーンS

競馬予想ブログ JUST

クイーンS(2017)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

横山典弘騎手駆るアエロリットは、隣の枠に自分の乗っていたシャルールがいたことを重々承知していたのか、自分の型を少し崩してきた四位騎手、正確には、自分がやって大失敗した先行策に出てきてくれることを半ば歓迎しながら、本来のスピード能力を出し切れる馬場状態と自身の体内時計の正確さをフルに利して、あれよあれよの逃げ切りを決めて見せた。
古馬初対戦、当然仕上げてのレースにはならないスピード型の死角である休み明けの+18kgも全く問題にせず、実は能力はここでは一枚抜けているのではないかという、ファンの迷いながらの2番手評価に見事応え、タイレコード勝ちで秋への展望を大きく広げた。

内からうまく抜け出せなかったことで、トーセンビクトリー<福永騎手>がペナルティを課される以外、至極真っ当な力勝負で、クインズミラーグロという今季の超安定勢力もきっちり上位に食い込み、やはり、若い先行馬には有利な舞台であることが改めて証明されるレースとなった。

従って、追い込み競馬に徹する他ないGⅠ馬・アドマイヤリードは、またまたファンが斤量のパラドクスにハマる形で、不発の憂き目に遭ったわけだが、馬場差があっても、レースの質がまるで違う東京マイルでの結果を考慮すれば、ここは勝機はほとんどないという状況。
長い目で見たら、相手が悪かったなあという結果になるだけで、全く陣営が気にする必要のないステップレースとなった。

自分で動けること以上に、リズムの取り方にさえ気を遣えば、他の馬が追いかけられないところを走れるアエロリットのことを、ずっと丁寧に作り上げてきた主戦騎手にとって、この逃げが持つ意味は、十分に理解していることだろう。
京都の内回りであれば、相手がどう動こうとも、揉まれないという条件に当てはめて、リズムを大切に運ぶことに傾注すればよい。
横山騎手は、この経験を次にどう活かすのだろうか。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方