2017年レパードS

競馬予想ブログ JUST

レパードS(2017)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

死角を探せばきりがないエピカリスは敗れたが、では力負けだったかと言われれば、それも違う。
この日はどうもフィーリングが悪かったルメール騎手の冴えない騎乗もあったのだろうが、ちょっとレースの流れとは違うところで、自滅したように思う。

超伏兵のサルサディオーネの単騎逃げは、レースを壊すほどのものではなかったが、前走中京で圧勝だった割に人気がなかったというのもあるが、正直、オッズ通りにここでは格下という意識が、各騎手にはあったのかもしれない。
凡戦にしてしまった責任は人気馬にもあるが、序盤の行きっぷりとそうした意識が働くと、どうしても仕掛けていこうという感じにならないもの。
内の方で揉まれることなく、やけに不気味に手応えよく回ってきたローズプリンスダムのような伏兵には、最高に楽ちんな競馬になったのである。

伏兵らしい逃げというよりも、格のあるレースにもうなっているレパードSで好走できるものであれば、是非とも賞金加算をしておきたいという意思が、どの陣営にもあったという意味では、似たような凡戦でこちらは人気馬が勝ったものの煮え切らない雰囲気になってしまった東海Sのレース後の空気に近いものが、今回はあった。

ローズプリンスダムはすでにオープンも勝っていて、GⅠも経験済みという一応真ん中くらいの評価の馬だったのだが、サルサディオーネは下げても妙味のない馬ということで吉田豊騎手も手綱を任させていたのだろうし、こちらはまだ1000万条件の馬。
お互いの思惑と、自身が望んだレースレベルがリンクした時に、11番人気-12番人気の両穴馬の競馬に展開してしまったのだろう。

敗因をどうこうという見立てはもはや筋違いのエピカリスに、このレースを使ったことに疑問を呈する声さえあった戦前だったが、一時的にその声が大きく、様々なところから出てくることはあっても、きっと失敗の一手とはならないと筆者は確信している。
ファンの多くは、彼しか推せないという思いの裏返しが、50%ほどの単勝支持に繋がったわけで、結果として、彼を追い回した馬も、すぐそばにいた馬もみんな消えているのだから、その評価は正確だった。

しかし、出走できるか考えないといけないという状況での大一番の回避から、それは国内のダート路線の流れと違う体系のレースだったことで、次のステップにどれを使うべきか考えた末に、どう見てもいい状態にはまだないエピカリスを使わざるを得なくなったことは、一瞬だけながら、ファンを失望させてしまった。

ただし、4着も13番人気、5着も人気のなかったノーブルサターンだから、本当に自分だけが自滅したレースなのである。
動くに動けない位置に入ってしまったのは、相手もそれなりに飛ばしていくだろうという意思がルメール騎手にも働いただけであり、5月末の頃の彼であれば、そんなことはしていない。
加えて、走らせすぎてはいけないという意識もあって、勝負所で動けるポイントを逃してしまったが、今前にいる組は、最後まではモタないだろうという読みが悪かっただけで、結局逃げ馬と違うところから抜け出してきた馬に負けただけのこと。

新潟競馬場の構造が今一つ理解できていなかったルメール騎手はちょっと反省しつつ、しかし、これで怪我無ければ、本当はヒヤシンスSの時にやってみた好位抜け出しを、今回だってできていたはずだから、何も悩むことはない。
そういう意味では、サンライズノヴァのような衝撃的な才能の馬が現れなかったことが、少し残念である。

リエノテソーロも既に怪しい立ち位置にあり、ヒガシウィルウィンも中央に挑んだ時にどうなるかまだ分からない。
エピカリス自身の成長含め、この世代の勢力図はいい意味で、レパードSでリセットされたと思いたい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方