2017年新潟2歳S

競馬予想ブログ JUST

新潟2歳S(2017)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

混戦ムードとなった今年のレースは、ストームキャットの血を持つキレのある馬にみんな飛びついて、超高速の上がりを自らのペースで作り出したダイワメジャーの2頭にまんまと押し切られるという結果に。
言うなれば、関屋記念の反省が皆出来ていなかったということか。
筆者も相手抜けで、その他大勢の組に見事今週も仲間入りである。

唯一、中央場所の経験があるのかないのか、左回りを正攻法で制している実績や血統の選択の中でマイル以上はこなせそうな馬から入るのが、今年の場合だけではなく、新潟2歳Sの攻略には大事だということだけは理解していたので筋の悪い外し方ではないと言えるのだが、負け惜しみである。

しかし、あまりにも前半の流れが遅すぎたので、差し、追い込み勢に仕事する場面が全くなかった点は、岩田騎手なりに工夫することを重要視した絶対に逃げさせないぞという意思を持ち合わせた好位付けからの抜け出しを、人任せに道中進むことを学習させることはできても、前回とあまり代わり映えしない展開では、馬にとってのプラス要素はあまりない。

その意味で、ステイゴールド一族でドリームパスポートの半弟、ダイワメジャーが父であり、その母父のノーザンテーストが母系に入ったそれとクロスすることで生じる奇跡の血量といったバックボーンは、まだ何かを起こすために使えるだろうという根拠を得ることができなかったように感じる。
新馬戦の方が上等だったし、少し絞った分よりキレたことが、先行型のそれであればあまり大きな反動の心配はいらないというだけで、もう一度フロンティアがその名を上げるための結果が必要となる。

ちょっと距離がどうかなと思ったコーディエライトは、高速の阪神デビューで、前走の中京でも終いがむしろ伸びたような馬。
本当にそういう類の馬なのであれば、フロンティアより2馬身くらい先着出来たはずだが、サウスヴィグラスだなんだのスピード型が大半の系統で、牝馬独特の溜めが利くと鮮やかな脚を使うというイメージの差し返しで、印象が一変という2着ではなかった。
内から伸びた人気のヨハネスブルグ<ストームキャット>・テンクウは上がり32.6秒。
総合力の勝負とは違う中で、むしろ、持ちうるスピード能力でその転換がなされた末脚を発揮しても、今回は伸びきることのできない領域で3着止まり。
みんながハープスターになれるわけではないし、うまく正しい競馬のリズムを作ることができた先行馬ほど上がりが速いレースになってしまったから、自分の武器がそれだと言えるかの判断はちょっと難しい。

ただ、それ以下の組は、現状人気のムスコローソも全く伸びなかったように、完成度でフロンティアや上位組に見劣っていたわけではないから、当面の課題は上手に走らせることではなく、総合的なスケールアップをより求められることになる。
上がりがまるで違うというほど差はないが、究極の上がりというのは新馬戦でも求められるケースがあり、このレースではそれが常。
ムスコローソ 33.7秒
プレトリア 33.1秒
という数字が、上位組を上回っていないのでは、丸で見せ場なしの36.0秒殿負け・グランデウィークの畑違いの参戦と意味が違うから、かなり期待を裏切ってしまったように映るし、数字だけではなく、パドックでの期待感からの落差の大きさに残念な気分だ。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方