2017年キーンランドC

競馬予想ブログ JUST

キーンランドC(2017)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

なかなかの凡戦になってしまったが、最初から騎手の腕と馬の実力や調子がリンクしない組み合わせだと皆が知っていた。

横山騎手のナックビーナスは、休み明けでここから使っていきたいという昨年と似たような思惑があったから、あくまでも形作りの先行策。
本気の逃げなんてする場面ではないと思っていた筆者は、直線でアエロリットのことを思い出して嫌な気分になっていたが、誰も競りかけてこなかったのに、現状では能力最上位と思われるソルヴェイグに最後まで抵抗して、終いは+10kgの印象通りの失速。

凡戦を強調するもう一つの材料が、それなりに洋芝実績のある馬がいっぱいいたのに、いくらスローでも、直線でしっかり末を伸ばしてきたのが目下絶好調のエポワス<9歳騸馬>だけだったということ。
猛烈な競馬になった函館の好走は、前走のなんてことはないオープン特別の凡走に繋がったのは間違いないが、騎手強化間違いなしのルメール替わりで1番人気から20倍超えの12番人気はさすがに隙がありすぎたか…。
という最後の決め手だった。

しかしだ。
1:09.0という馬場悪化を差し引いても時計が遅すぎる札幌のキーンランドCは、エポワスと似たような臨戦過程で復活したかつての2歳女王・ローブティサージュと同レベルだったので、残念ながら、スプリンターズSを読み解くための材料には使えない。
穴馬はここから、逆に、本当に強い馬もこの路線から出てくるケースが多いのだが、エポワスにかかる期待には限度というものがある。

10番人気超えの残り3頭が掲示板に入る組み合わせ。
3歳馬はやはり力不足で、その他も信頼に足るものがあるかと言われれば…。
1400でなら、巻き返せそうな馬はいるだろう。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方