2014札幌記念

競馬予想ブログ JUST

札幌記念(2014)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

流石に、ここでは2頭が強かった。

そして、本来はあり得ない後ろの馬をマークして自分のタイミングというより、相手に合わせた競馬をして五冠馬を封じた桜花賞馬の強さは際立っていた。素晴らしい。

 

理想形に近い、それこそ桜花賞の流れにも似たハイピッチの展開をじっくり外から三分三厘の仕掛けで上がって行き、ゴールドシップ以外の12頭を大きく引き離して快勝。今日分かったことは、

「洋芝はいい」

合うというよりは、むしろこちらを積極的に使うのがいいのではないだろうか。そう思わせるようなパドック気配とのあまりに大きなギャップであった。

 

調子も格もハープスターとは比べようもないほど上だったゴールドシップは、出来イマイチではなかったけれどただ単に、52kgの牝馬に本質的な反応の差で負けてしまったというだけのこと。

ハイペースの競馬に最近は適応できていなかったから、皐月賞以来の2000M以下での戦いでは、いくら小回りコースいっぱいに使った競馬でも自分の全力を出し切るところまではいかなかった。課題は一つ。

「ロンシャンの高速馬場ではどうだろうか」

 

洋芝適性に距離延長の不安要素を相殺させる形で、昨年のトレヴにようなレースをするだろうことがわかったハープスターに対し、馬場を少し気にして、ブリンカーは今度は外した方がいいかもしれないというゴールドシップ。

きっと、雨がキーワードなのだろう。

恐らく、重い馬場では末脚が殺がれてしまうハープスターに対し、半々で雨の降るロンシャンがもし、たまにあるパンパン馬場だったら困るゴールドシップ。

自分の形を出したハープスターと、まだ新たな形が引き出せそうなゴールドシップ。急な鞍上チェンジに不安があるのは、やっぱりゴールドシップ。

無事に何とかのお願いは、お互いそうではあるものの、これを盤石と言わずして何を言うのかという、言い知れぬ興奮が湧いてきたのは確かだ。

 

驚いたのは、その2頭に迫らんとする末脚で最後詰めてきたホエールキャプチャ

調子はここ数年では最もいいのだろうが、さすがは在来系統のビューチフルドリーマー系。優秀な血統の馬は日本にもいること示す、これ以上ないお膳立てとなった。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方