2018年阪急杯

競馬予想ブログ JUST

阪急杯(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

思われているよりじっくり先行していく流れを今回作れたことと、武豊騎手のペース判断の正しさ。

昨年夏の連勝の内容を買って、前走は楽勝だろうと思っていて、ひどい内容の直線になってしまったシルクロードSとは一転、気分良く先行した時の強さ、今までは一本調子になってしまうことを考慮して番手に控えることを重視していたが、ここ2戦の不甲斐ない競馬を見つめ直し、鞍上の思惑は、人気馬2頭に脚を余らせる競馬での勝機へと繋がり、福島調教師に最後の重賞勝利をプレゼントした。

ダイアナヘイローは思われているよりずっと、神経が図太かったのである。

いささか、前哨戦とはいえ後方すぎるレッドファルクスは、乗り替わりの川田騎手。

モズアスコットはルメール戻りとて、まだ馬込みを捌けるような器用さを要求するほどのキャリアもない。

フランケルだから、悪さをしても何ら不思議はないという、何となくの印象もあっただろう。

先行馬に有利な流れは見えていた。

モズが届くか、レッドファルクスはどこまで前を追い詰められるか。

しかし、逃げ馬がそのままというような単純な組み合わせでもない。

色々勝ちパターンを想定していただろう武豊騎手は、伏兵陣、自分も含めてゆっくり先行する流れにしっかり乗れたから、ならばと、自分がより有利に持ち込める展開を自ら選択したのだった。

直前のすみれSが、実力馬のペースメーカーがいたとて、宝塚記念の良馬場時の時計くらいのタイムが出ていた。

このレースの勝ちタイムは、阪神Cと大して差のない1:20.1。

スプリント戦で1分7秒台の時計を持っている馬には、十分に対応可能な展開。

それもほぼマイペースで、自分で流れを作れさえすれば残れる。

確信をもって逃げた。そんな勝ち気の武豊を見た。

もう最近ではお馴染みのその姿。

痛快な復活劇。お見事である。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方