2018年フラワーC

競馬予想ブログ JUST

フラワーC(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

スーパーサタデーと言いつつ、全く方向性の違う路線に向けた3歳オープンが3場のメイン。

若葉Sはタイムフライヤーとダノンフォーチュンの一騎打ちに期待。

ファルコンは素直に、ダノンスマッシュの実力を評価。突き抜けないと、あとが苦しい。

で、このフラワーCには迷える馬になりかけた元才女・ロックディスタウンが登場する。

様々な可能性を考慮しつつ、先週もお世話になった牝馬の池添に期待を込めて、総合力で1kg上乗せをクリアしてくれると信じ、パワフルな末脚を再び繰り出してもらいたい。

二ノ宮厩舎の解散で、ゼンノロブロイの姪にあたるこの馬は、藤沢厩舎に転厩した。

大まかな調整方法は、比較的大型の牝馬であるから、極端な変化を起きないだろうし、JFで恐らく傷ついたプライドの部分をどう修復するかが、最大のポイントであることも承知しているはずだ。

そこに、春以降の展望を広げる意味で、関東での調教に積極的に参加するオルフェーヴルの主戦騎手・池添騎手の存在が重なった。

誰にとっても、決してマイナスの要素ではない条件は整った。

同時に、へそを曲げた牝馬の復活に時間がかかることも、騎手・調教師は痛いほど理解している。

長い目で見た時に、必要な条件を早い段階で整えることが重要であると同時に、勝てそうなところで勝てないと、ずっとトンネルに入ったままになってしまうことを知っている。

何故か左回りで追い切った点はよくわからないが、今のところは順調な様子。

酷い内容に終わることはないと思うのだが…。

◎ロックディスタウン

○カンタービレ

▲トーセンブレス

注ノームコア

△メサルティム、ウスベニノキミ、ノーブルカリナン

注目はスイッチオンの可能性を示した前走内容が秀逸のカンタービレ。

母系は正統派欧州配合。キレないディープなんて、ミルコにぴったりのような気がする。最大のライバルだ。

阪神大賞典は、どうもクリンチャーが良馬場で勝つイメージが湧かないので、ヤマカツライデンを逃げ馬化した松山騎手に、一仕事してもらいたい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方