2018年スプリングS

競馬予想ブログ JUST

スプリングS(2018)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

ここ2戦、ダノンプレミアムに完敗だった2戦と比べれば、正しい人気馬のポジションからの競馬となったステルヴィオ。

筆者のあくまで個人的な見込みではあったが、コスモイグナーツは本番まで東京スポーツ杯で見せたような爆走をしないのではと思っていたのだが、何だか急に力をつけてきた馬が先行力がありそうに映ったので、初騎乗の津村騎手がグイグイ行ってしまう方法をとって、一頭だけハイペースでの先行となった。

本来やりにくい競馬を強いられたのは、これが4戦目ながら、オープンは初めての経験となるエポカドーロ。

一昨年のマウントロブソンのような裏路線組の台頭は、仕掛けのタイミングにかかっていた。戸崎騎手の手腕も問われた、やや楽をし過ぎた感じの番手追走。

勝負は意外と、単純な展開になった。

13頭立てとはいえ、キャリアもペースも実はそれほど重要ではない、完全にスケール感の問われる競馬になったのは、筆者の危惧をあざ笑うかのように、先週より今週、昨日より今日という感じで騎乗内容に中身が伴っていったルメール騎手の当たり前の乗り方をした結果、レースの形を安定させたようなところがある。

ようやく、自分を取り戻したという意味で、それは人馬の本質そのもの。

ステルヴィオは、一度1800を使われてからの1600重賞2戦で、完全な追い込み馬になってしまって、中にはどうしてしまったんだろうという不安を持っていた人もいたのだが、この日のステルヴィオは、よく言われるように「最初の競馬が一番コントロールしやすい」という新馬戦に近い正攻法の差しを選択し、しっかりと納得の結果を導き出せる位置を取ってしまったから、前日のタイムフライヤーとはこの時点ではもう違う。

加えて、流れることによって生じるヨーイドンを防ぐ効果に、初の重賞出走で策など持っていないエポカドーロが、巧みな三分三厘からの仕掛けを敢行し、戸崎騎手の思惑通り、妙に内で手応えのよかった北の才能・ハッピーグリンに自分のリズムの競馬をさせないように内に押し込め、自分は直線で馬場のいい3分所より外を走ることに成功。

無論、すでにGⅠもハイペースも経験済みのステークスウイナーたるステルヴィオは、それを追いかける格好になった。

この勝負、妙味はその後だった。

一騎打ちになることは誰の目に明らかになった直線半ばから、坂を上り切って叩き合いになってから、ステルヴィオは一気の伸び脚では勝ち切れず、一方のエポカドーロも、さすがにいきなりの重賞ではマイペースで押し切ることもできず、実力馬の格好の叩き合い手になって、これも何とか抵抗した形になって、結果としては外が被せてくる展開だから、それは外優勢なのは当然も、並んでゴールの意味を考える時間が、払い戻しまでの待機の時間と同様に、ファンに与えられたように感じるのだ。

本番の展開は、コスモイグナーツが行こうとも、サンリヴァルだってその気になれば速いことは分かっているので、相応のペースになる。

それは弥生賞のトップ2も歓迎であり、この組も歓迎。

ただ、人気だけではなく、このスプリングS組は展開の助けのようなものが少しないと、さすがに優勝争いまではいかないような感じもする。

そもそも、キレのステルヴィオであり、渋とさのエポカドーロは、最初から分かっていて、それ以外の引き出しがあるかどうかが問題のトライアルだったのだ。

もっと流れて、激流でダノンプレミアムがバテても、ワグネリアンなどがいるし、タイムフライヤーもそれなら復活する可能性がある。

では、遅い流れはあり得るとして、では、エポカドーロがどこまでのスケール感があるのか…。

何となく、この結果が有力候補の素晴らしさを際立たせてしまったように思う。あくまでも、雨や展開の助けがあって、ようやく着争いといった趣だ。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方