2018年日経賞

競馬予想ブログ JUST

日経賞(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

キセキが新馬戦以来のルメール騎手鞍上。

それに乗っていたデムーロ騎手は、今後を展望するためなのか、トーセンバジルに跨ってきた。

後はだいたい乗っていた馬に、いい騎手はそのまま乗るという組み合わせ。

それが15頭いるから、日経賞としてはかなり込み入ったレースになる可能性を秘める。

行くのはロードヴァンドールか。

じっくり先行すると持ち味全開というタイプ。だから距離を伸ばして、前回もゴール寸前まで粘っていた。

それが今度はコーナー6つの中山である。

前に行って落ち着かせる競馬に持ち込むのもできるが、どこに展望を持っていくかで、稀代のファンタジスタたる・横山典弘の勝負勘も、違う形で働く可能性も秘める。

道悪ではないが、ネコパンチのような逃げもできる。

人気馬は差し馬ばかりだ。

自分の持ち味を出そうとすると、つつかれる展開は好まないと思われる。

天皇賞も展望しているはず。面白いレースになりそうだ。

ただ、ここでの狙いは連勝中の4歳馬・チェスナットコート。

2000M前後を使われている頃とは、直線の伸びが違う。

ここ5戦は全て2200M以上で3勝。

使い詰めの上で中1週の秋の東京で、若い人馬が力を出し切れなかった時以外、連は外していない。

小回りの経験は乏しいものの、蛯名騎手の中山巧者ぶりは知られるところ。

中距離戦で溜めてダメだったものが、長い距離で溜めてキレるからといって、自在性がないわけではない。

上がりの掛かる競馬でも強いのは、前々走でも証明済み。

ハーツクライ産駒は、案外、キレ過ぎないから長い距離をこなせる場合が多い。距離は合っているはずだ。

◎チェスナットコート

○ノーブルマーズ

▲ソールインパクト

注トーセンバジル

△キセキ、ゼーヴィント、ロードヴァンドール

相手は本命と似たキャラの関西馬にしたが、コースの特性上、人気集中の馬以外から入れば、どのタイプでも押さえないといけない。

考え方としては、同じ小回りの不安のある馬ならば、人気のない方から。

毎日杯は面白い組み合わせだが、穴狙いの馬が回避でやや興ざめ。

2連勝中の馬を強いと思う順に並べ、ギベオン-ブラストワンピース-インディチャンプとする。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方