2015京成杯

競馬予想ブログ JUST

京成杯(2015)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

ベルーフが差し切れたのは何故だろうかと考えてみたのだが、どうもCコースに替わってから外差し傾向が強く出ているという側面もあるだろうことは、今後のレースレベルの精査が必要になる場面で必要なメモの一つにはなる。

ただし、唯一後方に待機していた組で大外をついて豪快に前を捉えたのだから、もはやその才覚を陣営が疑うことはなくなった。無論、見ているこっちもそうである。

エリカ賞は、結果的に内から最後前を捉える競馬になったが、それは今持っている能力を最大限に発揮したものではなかったと、今回はっきりとわかった。

置かれてしまって、どうにも前を捉えきれないという結果が、この時期の3歳重賞で多頭数になった時の大半の陣営が口にするいい訳なのだが、今回は真っ直ぐ前向きに、そして、誰よりも負けたくないという強い意志を感じさせる走りで、比較的スムーズに馬込みから抜け出してきたブラックバゴ以下をまとめて捉えてみせた。

皆が想像していたよりも、遥かに強烈で、無骨ながらファンタスティックな才能の持ち主であったことが、2度目の関東遠征で判明した。

これは、ダノンプラチナやシャイニングレイなどとは違い、きれいにまとめて総合力でライバルを封じたということではない。

「まだ先がある」

そんな衝撃的な現実を目の前にして、尚もまだ負け組の大逆転を期待するというのは、ちょっと野暮というものだ。

故に、危うさも同時に感じられた。

そもそも、ジャスタウェイでも最後は諦めた中山の追い込み敢行→不発の一般的な流れを全く無視した形で、それも重賞を勝つ馬というのは、往々にして他コースでは…、がこれまた普通という傾向。

母の兄にあたるステイゴールド産駒が、春秋グランプリで異常なまでに勝負強さを持っているように、このベルーフも、父ハービンジャーの欧州競馬型の差し脚勝負に向く性質と、その狂気の血筋が合わさったことで成せる業だったと仮定すると、

「いや、危険な人気馬になるのでは…」

懸念の一つに、一族の長であるサッカーボーイやオルフェの兄ドリームジャーニーが、2歳王者になったがために、クラシック本番でリズムを崩して競馬にならなかったことが思い起こされる。

最近ではレッドリヴェールがそう。

一躍スター候補に名乗り出た才能に、予断を持ち込むのはナンセンスだが、何だか想像以上の走りをしてしまったことが、妙に気になってしまう。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方