2018年NHKマイルC

競馬予想ブログ JUST

NHKマイルC 2018

読了までの目安時間:約 3分

 

テトラドラクマと桜花賞から回ってきそうなフィニフティ、プリモシーンらが、牝馬の注目馬か。

その他で、特に短距離路線の主だった馬はいない。

あとは、朝日杯組の復調がポイントだろうか。

ほぼ間違いなく、朝日杯覇者・ダノンプレミアムのクラシックロードになる牡馬路線になる以上、負けたからどうこうということではもはやない。

無敗馬を負かすことができないのは当たり前。

ニュージーランドTの結果は、これまであまりアテにならなかった。中山開催になってから、緊急阪神開催も含め18回で、連勝馬、連続連対馬合わせてたったの4頭。

両方2着のファイングレインとダイワバーバリアンはマイル以下で崩れていない馬、エイシンツルギザンは1200以下で2度圧勝のマイル初出走からの連続連対。時計が平凡な時の方がこの手の馬は走る。

NZTより時計の遅かった本番を制したカレンブラックヒルが代表例。

京王杯好時計勝ち、朝日杯好走のタワーオブロンドンは、西のトライアルに回るようだが、スピード型の第一番手として狙い目になる。

傾向から、結構な期間行われてきたのに、勝つための条件は、

複数重賞連対

オープン特別勝ち

1800重賞勝ち

NZT以外のGⅡ連対

という4パターンに限られる。これが複数重なったり、マイルでの実績が十分であれば、前走の内容、特に中山の結果は重要にならない。

意外なほど、急進勢力には厳しいレースなのだ。

今年のメンバーレベルでは、勝たないと先が見えない。

アーリントンCが使えるトライアルに変身する。

ここからは、3着以内馬が過去に3年に一度ペースで好走している。

が、中2週はどうか。それも関西圏のレース。

頭まで来そうなのは、前記以外だとステルヴィオは当然として、オウケンムーンやジャンダルムなど、使い分けや勝ちに出出た采配でこちらに回ってきた時などは、レベルの高い世代だけに、人気でも買いだろう。

妙味は、ディープ産駒のサトノソルタスやギベオン。頭はともかく、1800重賞の内容はよかった。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方