2018年青葉賞

競馬予想ブログ JUST

青葉賞(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

オブセッション、サトノソルタス、ダノンマジェスティ。

ディープインパクトの仔は他にもいて、フルゲートの3分の1以上を占めているから、それらを無視することはできない。

それまでの2戦の内容比べ、我慢強く、馬込みを自らこじ開けるようにして2勝目を挙げたダノンマジェスティを、その中で最上位とする一方、キレないディープの方がいい…、という青葉賞の傾向の裏を突く格好で、他の種牡馬の産駒でも対抗可能とみて、若干の遠回りとなったが、東京の長めの距離で、ハーツクライ産駒のゴーフォザサミットをここでは再評価したい。

田辺騎手の決め打ちにも似た追い込み作戦が失敗したというか、本来あるべき自分の型を見つける途中で、やや厳しいスローのうち残りの競馬での差し損ねというここ2戦は、母がストームキャット×アレッジドという取っ付きにくい配合である点も加味すると、結果が残せないことを、直ちにスケール感不足とする断じるには早計に思える。

現に、見せ場なくルーカスに完敗した新馬戦の後、先週のフローラSでまずまず健闘したアイスフィヨルドを2馬身半差つけて差し切った後、返す刀で秋の名物・百日草特別も制している。

一息入れて、すぐに変化するとも限らない代わりに、必ずしも直線勝負に拘っている印象は受けない2戦目までのパートナー・蛯名騎手が重要戦で再騎乗というのは、かなり惹かれる要素。

軽い馬ではないから、上がりの決め手で勝負するタイプのように見える戦績に囚われることなく、勝ちに出る策を選んでくるはずだ。

かつて、藤沢和雄厩舎のダービーへ向けた黄金ローテとして活用したこの舞台。

チューニングを整えた勝負手と考える。

◎ゴーフォザサミット

○ダノンマジェスティ

▲サトノソルタス

注エタリオウ

△オブセッション、カフジバンガード、ノストラダムス

敢えて、スーパーフェザーはダービーで狙いたい陣営なので切り。若駒Sの内容が悪く、瞬発力も少し不満。

勝たれたところで、ダービーで買えるような器に思えないのだが、果たして。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方