2018年青葉賞

競馬予想ブログ JUST

青葉賞(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

前走の内容から、爆裂の逃げ切りの上、相手も抑えていきたいタイプばかりで、人気面からも楽に行けそうなディープインラヴが、気持ちも乗ってきた岩田騎手が今回も騎乗し、前半はいいペースで運べたのだが、そこは久々にフルゲートの青葉賞になった、2着までを競う厳しいトライアル競走。

伏兵も絡んでいった中盤以降、未勝利クラスのキャリアしかない馬には、かなり過酷な直線になってしまった。

直線入り口では横一線。

東京のこのパターンの展開、芝・ダート、距離の短中長問わず、まず先行馬は残らない。

ある意味、末脚勝負はこの馬の形だ、と福永騎手が信じて乗ったようなところのあるスーパーフェザーの差し込みは、直線半ばでは覚悟していたが、筆者垂涎の本命馬・ゴーフォザサミットが、妙に冴えわたるとは失礼だが、近年最高クラスのアシストで中団インの好ポジションを序盤から奪い取った蛯名騎手のパーフェクトすぎるお膳立てのおかげもあって、最後はハーツクライ産駒らしい距離適性を感じさせるもうひと伸びで、後続の追撃を最後はまた突き放す完勝で、ダービーへと向かう結果となった。

汗だくのインタビューは、ディープが人気で、2着もやや相手狂いの結果だったから、その場がややざわついていたとはいえ、あの表情。

ダービーにこれで参加できるんで…。その重い言葉に、おやじたちは皆が肯首し、胸を熱くするのであった。

もしかしたらの時の保険を…。

こちらも勝ちたかったがどうにも前に届きそうになかったスーパーフェザーの福永騎手は、2着王・エタリオウとの叩き合いに最後は敗れ、権利獲りはならず。

相手はステイゴールド産駒。

2分24秒の戦いを経て、ディープの刺客が現れないことが確定的になった、今年のダービー獲り物語である。

執念が勝るか、軽やかな走りが他を制圧するのか。はたまた…。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方