2018年葵S

競馬予想ブログ JUST

葵S(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

行った行ったの決着であった上に、アサクサゲンキはスタートで安めを売ってしまい…。

ダートを使って安全に再始動を図り、前走の橘Sで前に行って3着。

初めて使った芝のレースであるフェニックスSを逃げ切った時の自分を取り戻すために、古川騎手に前走から任せた陣営は、再びの単騎先行の形をとり、ゴールドクイーンが重賞昇格後初の葵Sを勝利するに至った。

こういう展開は忸怩たるものがある。

筆者、かつての夏のファルコンSにいている位置づけであり、経験が豊富な2勝馬やや忘れられた存在になっている秋までにオープン特別を勝っていたような馬が穴で快走すると読み、ここはアンヴァルで十分足りるのではないかと思っていたのだが、アンヴァルで行けると思った人が非常に多く、全く妙味のない上位人気支持で、3角辺りから手応え怪しく…。

早い段階から、それも、評価であれば似た時期のダリア賞勝ちのタイセイプライドだっていたわけで、当然、人気はそちらの方が上なのだが、ラブカンプーというなかなか速い馬を内に押し込めての逃げは、人気馬ほぼ総崩れの中で、どうも皆の評価が低すぎたという印象を受けた。

人気の一角で前走の内容が圧倒的だったトゥラヴェスーラが、ここ数戦で体得した短距離での末脚を披露し、しっかりと前を追い詰めるも、持ち時計ほぼ一線のこのレースでは、ステイゴールドの血が最後は邪魔した雰囲気も感じた。

母が快速・アストンマーチャンの血筋というのだけでは、1分8秒の競馬は勝ち切れなかった。

この結果は非常に評価が難しいものの、意外な魅力がある馬の方が出世する面があった旧ファルコンSの傾向からも、好意的に見たいところもある。

人気のオープン馬2頭は、体重減は理想の体作りには適していたようだが、使ってから減らすには劇的な変化を求めすぎた作りだった可能性もある。次戦以降は見直したい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方