2018年ユニコーンステークス

競馬予想ブログ JUST

ユニコーンS(2018)見解

読了までの目安時間:約 4分

 

今年は、園田の兵庫チャンピオンシップを使っていた組がいないことで、必然的に全日本2歳優駿だとか、中央のオープン特別の注目馬が、ある程度とっかかりとしては、予想の基準を成す存在となる。

そのレース内容を色々と吟味したのだが…。

必要な要素は兼ね備えているというオープン馬は一体何になるのか。

関西馬は関東遠征経験済み。

関東馬は東京で、できればマイル戦を快勝していること。

はっきりしている要素がある一方で、こういうのもある。

「GⅠ馬、GⅠ出走馬には気をつけろ」

思えば近年ではドバイ組も皐月賞組も、昨年はあまり気にしないでもいいと思っていたNHKマイルCの好走馬が消えている。

今年の危険分子的存在は、明らかに、無敗で2歳のダートチャンピオンになったルヴァンスレーヴである。

さて、前例に倣えば…、となるのかどうか。

デムーロ騎手には散々手を焼かされることも多いわけだが、殊、危険な要素を孕んでいる気難しい馬に乗る場合、案外、丁寧に乗ろうとする。

いい場合もあれば、もちろん、それが死角になるという場合も多いが、前走の伏竜Sでドンフォルティスに逆転される形で、いきなりの57で当然の余裕残しの仕上げの中で、意地を見せるように最後の最後に伸びてきた内容は、相手がうまく立ち回ったこともあるから、負けてしまったことは残念と言えども、スムーズさを欠く中で、主戦のデムーロ騎手は真裏のGⅠ開催であった阪神にいたための既定路線の乗り替わり<代わりとすべきか>だったことまで踏まえて、怪我をしなければいい…、と考えることもできるし、無駄なレースではなかったように感じる。

新馬戦も途中から動いて先頭という競馬で、川崎のレースもかなりスリリングな仕掛けでも直線は圧倒的だった。

スタートに癖はあっても、体が大きすぎないことがプラスでも、ルヴァンスレーヴの父シンボリクリスエスの産駒の割には、こうでなければ全く勝負にならないという型があるようには思えない。

同産駒のダートの代表馬であるサクセスブロッケンは、この時期は完全に先行しないとだめというタイプだった。

この手の馬は、それこそルヴァンスレーヴで初めて土がついた日の阪神で、見事な立て直しと大胆なロングスパートでデムーロ騎手が駆ったスワーヴリチャード同様、普段というか、GⅠではないところでは大人しく乗る努力はするが、大舞台でこそ大胆にスパートすべきタイプと思えるから、鞍上にはぴったりのキャラクターのように見えてしまう。

推挙理由は他にもあるが、何となく春の方が走るイメージのあるロベルト系とファンシミン系の組み合わせという面と、最近の高温状態の気象が馬場をおかしくしたのか、タフなダートが最近の傾向であったせいで、一番優良な審査基準である東京マイルでの時計が、2回東京500万勝ちの馬では全くあてにならない面もあり、3歳秋時点で1:36.2の時計を叩き出しているルヴァンスレーヴは、多少は湿り気を帯びた馬場になるだろう日曜の競馬では、かなりのアドヴァンテージがあるはずだ。

それにGⅠでの実績もある。フレッシュさは近年の消えてしまった残念な面々とは雲泥の差である。

◎ルヴァンスレーヴ

○コマビショウ

▲グリム

注ベストマイウェイ

△グレートタイム、ミックベンハー、リョーノテソーロ

コマビショウはここ2戦パッとしないが、ずっと乗り替わりで良さを引き出せていない印象がある。

武士沢騎手には人気がありすぎるというのは冗談でも、同じレースで外からスムーズに伸びてきたグレートタイムより、明らかに不器用で、内々で包まれるような競馬は向かないタイプ。

どうせなら、ルヴァンスレーヴが来るときには押さえたい東京専用的な雰囲気がある。

東京では自在という馬もいるが、そうかもしれない。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方