2018年 CBC賞

競馬予想ブログ JUST

CBC賞(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

何とも夏のハンディキャップ重賞らしい展開で、目の前に何故かアクティブミノルがいるという不思議なポジショニングから、スムーズに馬込みを捌いて、キレイに回ってきたアレスバローズがレースを制した。

本命にしておきながら、相手外しはいつものことながら、序盤からある程度位置取りに拘ったことが、騎手のスタイルとはいえ、結構揉まれていた印象だったのでちょっと不安になりつつ、どう上がってくるのかと思って見ていたのだが、どうも、どの馬もリズムが悪かったのか、スムーズにレースの流れに乗れている馬が少なく、人気のダイメイフジなどほとんど目視できない感じで、この馬も消えてしまったような状況は、勝ちに出た分のアドヴァンテージに最後は繋がった。

末脚自慢であることはここ最近証明してきた馬だったが、シルクロードS以降ずっと前を残して印象は悪かった割には、こういう混戦模様のレースだったから、ファンもよく考えて、川田騎手のスイッチもプラスと筆者と同じことを考えた人も多かったのか、直前で4番人気に上がっていた。

セカンドテーブルが今年も粘っていい仕事をしていたが、前走でキレた牝馬のナガラフラワーは、宝塚記念での激闘に自信をつけたのか、高倉騎手がうまく末を引き出して、上位に迫った。

これら全て、キタサンブラックと同じ6歳世代。

昨年も同じ世代で上位を独占したが、アサクサゲンキが外から詰めてきた以外、有力視された馬ほど力を出し切れなかったようなところもあり、例年よりオープンキャリアが人気の根拠にならなかったことが、その遠因にありそうだ。

勝負を分けたのは、位置取りよりスパートのスムーズさだった。

可能性の選択は常に、展開上最も有利になる馬の取捨とイコールなのだろう。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方