2018年プロキオンS

競馬予想ブログ JUST

プロキオンS(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

マイナス8kgもものかわ、マテラスカイの速さが異常すぎて、人気になりすぎたウインムートやインカンテーションがどうにか意地を見せて2番手争いに加わるも、

「1:20.3」

という衝撃的な時計では、他は単なる参加者でしかなかった。

位置取りはともかく、展開上十分に台頭もあり得た4歳で58のサクセスエナジーも頑張ったが、アメリカの1400GⅠ級の時計で決着したのでは対応不可。

マテラスカイという馬は、差す形もとってきたが、週中の川崎で復活を遂げたGⅠ馬・リエノテソーロと同じスペイツタウンの産駒であり、とりあえず揉まれずに地力のスパートができれば、調子一つで多少の壁なら難なく乗り越えてしまうタイプが成功する。

ゴーンウェストの系統に散々食わせ物が多かったことで、外国産馬全盛の時代にはかなり煮え湯を飲まされてきたファンも多いはずだが、代を経てお利口になるダンチヒ方式がこの系統にも当てはまるのか、ここ10年で超快速の短距離ダート重賞では、かなり信頼のおける血の持ち主となった。

最初のカペラSで快走したビクトリーテツニーは、ゴーンウェスト直仔であり、厩舎も同じ森厩舎。

これが1200Mを1:08.7で走っている。

そこに短距離の平均ラップを重ねれば、マテラスカイのタイムになる。

中央競馬の重賞は、ほとんどが中距離以上のレースであり、短距離カテゴリーは根岸Sらと合わせても、わずかに3つしかない。

東京よりはいくらかラップが速くなる中山との間にある中京のレイアウトからすると、

33.5-44.7-56.3→1:20.3

というラップは限界に近い。

それを引き出せるのは、ほぼ当然のように武豊か横山典弘である。

せっかく頑張ったのに…。

レコード走の他の6頭は、反動だけを気にしておきたいところだ。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方