2018年函館2歳S

競馬予想ブログ JUST

函館2歳S(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

まさかまさかの展開で、ゴール前も謎の多い接戦。

自身、かなり期待をしていた面々ばかりが上位争いをしていたのに、これはちょっと解釈が難しいな、と色々考えさせられるレースになった。

スタートははっきり言って失敗だったアスターペガサス。

小崎騎手がペース判断云々ではなく、とりあえず前を追いかけないことには…、の懸命の巻き返しは、ほぼ一団の馬群をうまく捌くことに、余計な考えがうまれる状況にならなかった分だけ、決して格好のいい競馬ではなかったが、うまく仕掛けた差し馬の競馬に持ち込めた部分はあるだろう。

本質的にはこういう形は望まないのだろうが、鮮やかな初戦の勝ちっぷり以上に、馬込みをかなり揉まれながら、さすがはジャイアンツコーズウェイというファイターぶりをここで証明して見せた。

それにかなり追い詰められ、ゴール前まではあり得ないローテで殊勲の快走をみせるところだったのが、ジャスタウェイの娘・ラブミーファイン。

1800の新馬で異次元のレコードが発生したこの日、その1800M新馬戦を正攻法ながら、時計にして5秒見劣るラブミーファインが、あわやの2着。

完成期に入るまでよく適性の見えなかった父同様、若いうちは買ってでも苦労した方がいいのだろうか。

母はラベンダー賞3着馬ではあるが、黒に評価しつつ、驚いてしまった。

惜しかったのは対抗評価であったカルリーノだったか。

2度も9秒台の時計を叩き出した昨年のカシアスタイプの彼が、最後伸びきれなかったのは、マツリダゴッホのせいなのか。

将来的なことは置いといて、この時期だとまだ完成には届かない馬が多い…。

それはまやかし。代表産駒のロードクエストやアルマワイオリ、ディバインコードなども、夏の終わりにはオープン馬になっていた。

単純にスピードを競うより、タフな競馬を好むから、くじけずどんどん使っていった方がいい。



* * * * *

メルマガ「馬券名人養成プログラム」

当ブログの重賞レース予想はメルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日の午後に先行配信しております。

2019年は、マーメイドS 馬単33,680円、日本ダービー 馬連11,200円、CBC賞 3連単16,300円などを的中。まぐまぐ!公認の【殿堂入りのマガジン】。配信回数は月間4~6回です。

メルマガのご登録は下記よりお願いいたします。
 ↓ ↓
まぐまぐ!「馬券名人養成プログラム」

* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧