2018年アイビスサマーダッシュ

競馬予想ブログ JUST

アイビスサマーダッシュ(2018)見解

読了までの目安時間:約 4分

 

新潟の直線競馬に実績のある馬が多い一方で、絶好調の馬がいるという組み合わせでもない。

どこかの戦績に目をつぶってしまうのがいいようで、実は、このレースで惨敗した不適合者だけが、その後巻き返すことはあっても、まるで用なしの馬が勝ち切ってしまうような展開は案外少ないのが、このアイビスサマーダッシュ。

時計が速いということも影響する部分は大いにあるだろう。

今年は抜けて速い馬がいるわけではないから、それなりに行こうという馬が一定以上の流れを作る可能性がある。

競馬ファンにはうれしい重賞らしい展開が最近多い代わりに、信じられないような穴馬が登場するシーンも増えている。

どう捉えるか。

何となく、重賞級の直線(直千)巧者は今年もいない印象がある。

1200ないし、1400型でもスピード豊かな先行馬、差し馬を押さえるのがよさようだ。

何となく、これもあくまで雰囲気によるところが大いにあるのだが、ペイシャフェリシタはどうも臭い。

休み明けがあまりよくないこと。ややテレンコ気味に戦績が不安定なところ。

極端にスピード競馬を好まない点…、などなど、前走の惨敗は期待値が大きかった分だけ、失望にも繋がったのかもしれない。

その分、連続騎乗の少ないこの馬に、三浦騎手が乗り続ける面はプラス。

春雷Sのゴール前差し切り勝ちは、地味に見えて、その時はテン乗りの三浦騎手がうまく末脚を引き出したように感じる。

そういう特徴は、彼が若い頃に早い段階から本場ヨーロッパの競馬に触れていることが、少なからずいい方向に影響したのだとも思う。

確か、彼の初勝利は中山2500Mの特別戦だったと記憶する。

師匠がいなくなったり、騎手生命を失いかけた骨盤骨折も、彼の糧になった。

ハーツクライ×ケープクロス×サドラーズウェルズ。

牝馬では大型の部類に入る500kgにわずかに足らない体躯は、ここ5戦ほど、2kgの増減を繰り返すだけで、全く変化のない状況が続いている。

気性の関係で、かなり怪しい面を秘めるペイシャフェリシタは、姉のように早い段階からオープンで活躍で来た馬ではない半面、正式にオープンクラスになってから、3戦続けて掲示板、前々走の春雷Sの好走がある。

ここまでなら、1200Mの重賞展望では足らない推挙理由となってしまう。

念押しのために意外なデータを補足すると、この特異な競馬、ダート経験が大いにプラスどころか、ダート馬の方が上手に走れる傾向に反するように、昨年の勝者・ラインミーティアの母父がフェアリーキング産駒のオース、フェアリーキングはこのレース快勝のエーシンヴァ-ゴウ、2着だったがフォーエバーマークを送り出しているのだ。

またフェアリーキングより競走成績は上の兄サドラーズウェルズの入った馬もカノヤザクラが連覇した記録があるから、その前はロイヤルアカデミーⅡが勝ち馬を送り込むなど、ニジンスキーがちょこちょこ走る馬を出していたこともあり、重厚な血は決してマイナスにならない。

ローエングリンの2頭にこのペイシャフェリシタ。

一応、ノットフォーマルもその中に入る。遅すぎる1200勝ちでのオープン入りのナインテイルズ以外は、マークが必要か。

脚質、展開両面で、充実期に入ったようなところがあるペイシャフェリシタの一発が狙い目とここは考える。

◎ペイシャフェリシタ

○ベストマッチョ

▲ラブカンプー

注ダイメイプリンセス

△カラクレナイ、ノットフォーマル、レッドラウダ



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方