2018年クイーンS

競馬予想ブログ JUST

クイーンS(2018)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

思ったより後ろにいたディアドラが、昨年飛躍のきっかけを掴んだ札幌競馬場で躍動、直線を向いた時の手応えは、今までで一番良かったようにも映った。

完勝。

見せ場を作り、少なからずこの距離、競馬場に東京以上の適性を感じさせたソウルスターリングは、最後の最後で脚が上がってしまったか、対抗格のフロンテアクイーンに競り落とされてしまった。

伏兵もそれなりにいて、味わいのある力勝負の趣は、ある意味で、ディアドラが休み明けでも勝負気配で、いっぺんに吹き飛んでしまった。

ドバイでの3着の内容は、勝ったベンバトルからかなり突き放されてしまった状況で、日本馬同士の叩き合いに参加したというだけだから、現在の日本の競走馬のレベルからいうと、高く評価するには物足りない内容であった。

しかし、その経験はいくらでも次以降のレースで、活かすことができる。

秋のいい頃の体に戻して、GⅠ馬らしい立ち回りに意識を持っているように見えたルメール騎手の手綱捌きは、モレイラのマジックに隠れながら、地味にこちらもいい頃のものが出せるようになっていた。

相手を意識するなら、そう考えても前にいるソウルスターリングではなく、小回りも右回りの1800に偏った使われ方をしているフロンテアクイーンとベテランの蛯名騎手をマークすれば合理的と、伏兵陣がスパートする中、4角に入ってからの追撃はさすがの内容である。

直線は弾けて、ドバイより今、秋華賞のスムーズな運びで快勝した際が、道悪の恩恵もあったような印象をドバイで払拭した時以上のインパクトを人馬一体でもたらした。

勝ちタイムもレコードと僅差。

昨年あれだけ強かったアエロリットより大きな着差で勝ったのだから、これに基準に、他のライバルは仕上げていかねばならないことになる。

上がり目が勝敗を分けるのだとしたら、最大の上昇力を示したディアドラの穴は、そうそう見つからないと感じた。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方