2018年小倉記念

競馬予想ブログ JUST

小倉記念(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

アヴドゥラ!?

報道ベースながら、オーストラリアの至宝・H.ボウマン騎手の紹介で、オフシーズンの今、初来日した当地の若手No.1騎手とのこと。

レースぶりを見極める前にとやかく言うのは筋違いながら、平坦の競馬が多い南北米や南半球の騎手が、小倉で苦戦という構図はちょっと考えづらい。

ストロングタイタンで腕試し。

どう見たらいいのか、前々走の好内容をどう解釈するのか。

あれはあれでミルコマジックがあったとは思うが、それを再現するには適当な舞台設定であることは間違いない。

ドンフォルティスに見切りをつけたのか、はたまた、騎乗依頼が先にあったか、熱心な言葉に心を動かされたのか。

武豊騎手がトリオンフに乗る。

面白い陣営の判断に思うが、正直、誰が乗ったところで、芸風が変化するような馬でもない。

鳴尾記念は流れがハードだったので、抑えて行っての直線勝負は正解。

それでも正攻法には変わりなかったが、タフな流れを自分で作るのがいいタイプ。

鞍上の力量からいって、ヘグることは想定できない。

一方で、捲り合い必至のメンバー構成、前半スローがほぼ確定的な流れでも、道中動きたくない昨年2着のサンマルティンは、そんな正攻法が合う馬の中で、昨年の強引な捲りでもしっかり2000チャンピオンと好勝負した力量、それに手が合いそうな池添騎手に、57でのオープン勝ちの経験。

前走良馬場で勝って、尚且つ、斤量減で56は、決して不利ではない。

◎サンマルティン

○トリオンフ

▲サトノクロニクル

注ストーンウェア

△ストロングタイタン、レイホーロマンス

パワー優先の人気馬に、真っ向挑まなくても、キレで勝負できる馬は案外多い。

適性のよくわからないサトノクロニクルくらいの実績があればともかく、軽く勝負に参加の、例年の伏兵のレベルでは、時計勝負にもなるだろうし、ちょっと厳しいかもしれない。

2000王者は、この中から生まれるような気もする。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方