2018年札幌記念

競馬予想ブログ JUST

札幌記念(2018)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

期待以上のタフな展開に、実力馬同士の肉弾戦と化したゴールシーン。

道悪の影響で時計は出なかったが、昨年ような大波乱の展開にはならなかった。

サングレーザーは内枠。

流れることは分かっているから、いい位置につけなくてもロスなく立ち回れれば、一瞬の脚なら負けないだろう。

マカヒキは3枠ながら、元々揉まれる展開で持ち味である末脚が爆発するタイプではなく、出来もお世辞にも最高の状態と言えるわけもない、骨折休養明け。

立て直しはどうやら途上でも、確実に走る気の方は戻ってきた気配に映った。

モズカッチャンはミルコなので…。

試したいことを前哨戦でやることは考えられた。

速いなら別に攻めていくことはないだろう。

殿からの勝負。というか、末脚の確認をしようと思ったのだと思う。

彼らが上位争い。

何も言うことはない。

奇しくも、ここ4年でダービーを制した内の3人であった。

勝負とは得てして、最初に損をした者に有利に働くものだ。

うまく押し上げていきながら、直線のごちゃつきで最後は諦めるしかなかったミッキースワローのすぐ外に、復活を賭けたマカヒキがいた。

いよいよエンジン全開か。

しかし、完全に閉まった勝負所を経て、先行馬が残れるような展開にならなかったことで、ギリギリ間に合うコースが内にでき、そこを上がってきたのがサングレーザーと間に合うように押し上げてきたようなところのあるモズカッチャン。

これらが上位に食い込み、最後は狭い内を上がったサングレーザーが、極限の決め手で前を捉え切った。

思えば、道悪のスワンSもマイルCSも崩れなかった、隠れた巧者である。

時計勝負は苦手が2頭を制したのは、時計勝負のハイグレード競走でも大崩れしなかったマイラータイプのサングレーザー。

いや、決め手比べで台頭できる、タフさも備えた2000以下向きの差し馬・サングレーザーであった。

アメリカで育った牝系ながら、異系色が強いといいつつ、軽さで勝負するのに必要な主流系統をできるだけ取り込まないようにした配合に、満を持して、ノーザンダンサー系と日本におけるスペシャルな血統サンデーサイレンス直系を組み合わせることにより、他にはない才能が引き出されたようなところのあるサングレーザーには、2400Mをこなすほどの王者の風格のようなものはない。

ただ、2、3着の2頭がGⅠを制したような、真っ向挑むには少しパンチの足らないところを、工夫することでどうにか補うようなスタンスが、実は共通しているのかもしれない。

せこくはないが、堂々外から上がって行くようなことをすると、他の差し馬の決め手を引き出してしまう。

このタフな争いに参加できたことを、少し我々は斜めからとらえた方が賢明な気もする。

実際問題、自らが小回り競馬の常道である「前潰し」を敢行しての勝利ではないわけだから。

3歳馬には期待したが、サウンズオブアースと上がり馬のスティッフェリオが掲示板に載るような展開。

キレイに回って、どうにかならないものか、というような出世レース的な展開を期待して挑むには、あまりにも経験値が足らなかった。

逃げグループのちょっと前で入線のミッキースワローは、出来そのものは悪くなかったし、枠一つでもっと違った結果も望めたのかもしれないが、外を回ってきて、脚がある中で挟まれてどうこう言っても、この先は語れないのだから、本格派の懸念には触れたものの、期待外れだった。

勝負師にその気にさせない何かがあったとすれば、大幅体重増ではなかった点でも、もう少しスキルアップには時間が必要なようだ。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方