2018年新潟2歳S

競馬予想ブログ JUST

新潟2歳S(2018)見解

読了までの目安時間:約 4分

 

メンバーが揃ったというより、正しい成長を見せてくれそうな、そういう軌道に乗っている雰囲気のある馬を素直に推すべきレースになった。

年々頭数が減り、今年に至っては、最初から除外馬なしの登録頭数で、結局11頭立て。

この頭数で昨年もそうだったが、極端な先行策をとる馬はまず登場しない。

函館や小倉の2歳Sは、単純に成長度合いをスピードで競うレースだから、ハイペースの方がスケール感をはかるいい物差しになったりもするが、日本一長い直線の新潟で、どこからでも届く展開になる、実力馬有利の舞台設定は、ここまで示された雰囲気のようなものがそのまま反映されるという、はっきりとした傾向が早くから出ている。

1400Mで足りない感じだった馬は、ここであっさり突き抜ける。

どの道、新潟に来て一番強かった馬を、この中から選べば、大体空振りに終わることはない。

どう考えても、この中で一番スケール感のある馬はケイデンスコールだと思う。

押さえには最低必要な軸馬であり、人気もそれなりに集める才能。

何より、新馬戦で接戦を演じたアドマイヤマーズは、ここと同じく実力派に優しい中京2歳Sを、極めて強い内容で楽勝している。

それを見てから、新潟のマイル戦に満を持して登場し、新馬戦より軽い相手だったとはいえ、あえて、福永騎手が型を変えず、直線に入ってからきっちりスパートして、1:34.3というこの時期の重賞級のタイムで駆け抜けている。

これだけの酷暑で、中3週続きがちょっと響く可能性は否定できないものの、ここにはアドマイヤマーズにコテンパンにやっつけられた中京2歳S2着で相手候補筆頭だったエイシンゾーンが登場し、ちょっと負けてはいけない雰囲気もある。

ルーラーシップ×ミンティエアーで、いかにも新潟外回り得意の雰囲気を漂わせるエルモンストロも登場。

中竹調教師が彼を管理し、まだこれからの人馬だが、ケイデンスコールは安田厩舎、エイシンゾーンは松元厩舎。

いずれも関西の名門。

ある意味、暑さ対策などのフォローは地理的な要因も含め、栗東の方がノウハウはあるように思う。

大雨は降らないだろうし、日曜日はちょっと暑いかもしれない。

とんでもない波乱が頻発しつつある状況は一考の余地があるものの、少し実力差がある組み合わせ。

人気馬を無難に押さえるのがよいだろう。

◎ケイデンスコール

○エルモンストロ

▲エイカイキャロル

△エイシンゾーン、ジョディー

ロードカナロアは3頭で、新潟マイルを勝っているのがエイカイキャロルと本命馬。

まあ、血縁からして、実質初代新潟2歳S覇者のバランスオブゲームの近親・ケイデンスコールは、伯父が毎年のように8、9月に好走していた点は強気になれる。

エイカイはアドマイヤコジーンの一族だが、コジーンとカナロアではキャラが大違い。

順当に来そうなところで押さえるのは、当然のこと。

重厚な配合のダイワメジャー牝駒・ジョディーに、カナロア×メジャーのロードアクアは東京の経験を買って、余裕があれば拾っておきたい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方