2018年札幌2歳S

競馬予想ブログ JUST

札幌2歳S(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

ウィクトーリアはきっと強い。

走りのリズムも血統も若干違うとはいえ、ウィクトーリアは開催最終週にコースレコードの逃げ切り勝ち。

番手評価のクラージュゲリエは、モレイラ→デムーロで、前走は直線だけ走って究極の上がりを使っての快勝。

レースの価値は違うし、牡と牝の差もある。

しかし、特に最近、9月の頭にこのレースが行われるようになってからは、2歳戦の絶対数が減っただけでなく、その質も一時代ほどのレベルではなくなったので、走らないことには、先は見えないという状況。

1200で今活躍中のペイシャフェリシタは惨敗していたが、世紀の不良馬場で函館開催の年に全く走れなかったバウンスシャッセ以外、牝馬でも馬券内に来ないようでは、出世は見込めない。

◎ウィクトーリア

○アフランシール

▲ラブミーファイン

注ナイママ

△ニシノデイジー、クラージュゲリエ

今年は、牝馬の方が上だろう。

無論、激走した牝馬が連続好走する確率は低いのは承知の上で、アフランシールとて、前レコードにほんの半馬身ほど及ばなかっただけなのだ。

こちらに岩田騎手、ウィクトーリアはこの兄弟の主戦級である田辺騎手。

ほぼほぼ理想的な競馬を期待できる組み合わせ。

馬場は重くなるだろうが、ヴィクトワールピサ産駒とハーツクライ産駒である上に、母方も北海道に大いに縁がある。

ナイママにマークされても、中盤から5段階加速するようなエンジンの持ち主であるウィクトーリアに、無理やりな差しへの固執を感じさせる乗り方をする田辺裕信ではない。

込々で、人気に応えられる確率は相当のものがある。

ラブミーファインはきっと、距離が短くて、前走は勝てなかっただけ。新馬で前に行けたスピードをここで再評価して三番手。

レッツゴードンキと似たミスプロクロスのあるサンデーインのウィクトーリアに肉薄、先着となれば、雰囲気は一変する。

流れで、小倉も人気のシングルアップからヒモ荒れ期待の狙いをする。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方