2018年紫苑S

競馬予想ブログ JUST

紫苑S(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

馬産地を襲った大地震は気掛かりだ。

でもここは、外国産馬ではほぼ、中距離型唯一の成功者となりつつあるランドネを、この最重要トライアルの紫苑Sで狙いたい。

父ブレイムは、ロベルト直系で日本でもおなじみ。ゆっくり成長し、4歳のこの時期に中距離のダート戦を3つ。

チャーチルダウンズのBCクラシックで、無敗のゼニヤッタに土をつけたのが彼である。

昨年のフランスオークスで激走ウインのセンガと同じ母父エーピーインディとの組み合わせが、ゴールドシップでおなじみの小林英一氏には感じるものがあったかはともかく、ややムラな傾向の戦績は、ここに出てくるメンツに、どことなく共通するものがある。

もはや、裏路線ではないこのレース。

加えて、ここ3年はエルフィンS2着のあったショウナンパンドラが2着、オークス3着ビッシュが快勝して、それに大きく離されるも不利を受けながら2着のヴィブロス。

それに昨年、無理やり差し切ったようなディアドラもオークス好走馬。

ヴィブロスは中京で古馬を相手に2000Mを圧勝。

理由もない限り、ここで人気になって走れる馬はいない。

今年はその手の馬が若干多いものの、過去の例に比べ、相対的に見て横一線のような組み合わせに、意外と古馬戦での対戦実績が目立たない組み合わせなら、マウレア以外は少なくとも、人気の根拠に乏しいものがある。

3か月で東京遠征3度はいかにも関西馬らしいが、その経験値がオークスでの体重減取り戻しで、好位組で上がり目も残っているランドネには、十分な再調整期間になったはず。

パンチ不足の春の好走馬より、未知の条件馬より、この手の適性を秘める巧者の方が、ここでは有利か。

今年は本番での好走は難しい組。勝ちたい。

◎ランドネ

○カレンシリエージョ

▲ハーレムライン

注パイオニアバイオ

△ノームコア、マウレア、レッドベルローズ

ある意味、横一線となると気になる馬も多い。

ロサグラウカだって、順調ならここでも見劣らない好素材。小回りに適応できそうな組を重視したが、組み合わせ方は正直難しい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方