2018年京成杯オータムHC

競馬予想ブログ JUST

京成杯オータムハンデキャップ(2018)見解

読了までの目安時間:約 5分

 

注目馬が登場するセントウルSも気になるが、雨予報等もあり、渋った馬場に本命のアサクサゲンキが対応できるかちょっと不安もある。

一見、どこにも道悪不得手の血統的要素は見当たらないのだが、欧州型配合でも下手なものは下手というタイプがいる。

姉はダートで再びの躍進を見せつつあるが、果たして。

で、中山の方は、国内で数少ない平穏な晩夏の週末を迎えそうということで、それなりの馬場状態を想定できる。

必要な要素は、馬力と一定レベルのスピード競馬への対応力。

雨が降ってしばらく経つから、そんなにタフな条件を想定することもないだろう。

とか言っていると、数年前のような特別仕様の中山競馬になってしまったりして…。

暮れの中山で、後に中山マイル連勝でオープン入り、今回再戦をするゴールドサーベラスを完封しているミッキーグローリーが、長期の休養を経て、これまで3勝。

結果は残せなかったが、ルメール騎手の再騎乗でやや陣営も気合いが入っているとみて、上がり馬でもポテンシャルは夏の上昇力を示したマイル路線組より上と判断し、良血のこの馬を買ってみたい。

ルメール騎手自身、自身の活躍は霞むくらいに、後にライバルになること必至のモレイラ騎手にいいところをほとんど持っていかれたところはあるが、春の後半に大きなタイトルを獲った割に、あまり目立った好アシストがなかったのとは、札幌競馬を経てから、やや気配もよくなった印象がある。

シーズンが盛り上がる時期になって、しっかりとメンタルを整えてきた雰囲気になった。

先週は目立っていなかったにしても、札幌記念の乗り方に問題があったとは思えない。

マカヒキの上昇度が思われているより素晴らしかった半面、勝ちから大分遠ざかっている馬独特の、他の馬の良さを引き出してしまうそれが出てしまった影響はあったか。

鞍上のペース判断等に問題はない。

前回コンビと組んだ時は、休み明けで少し内残りのバイアスの掛かっていたダービー直前のレース。

さすがという組み合わせの準オープン戦であり、持ち時計があったわけでもない馬が1:45.4で駆けて、正攻法の3着であれば、その後の展開は読めている。

内田騎手らしい早め進出からの力勝負に持ち込み、ベテランの多い組み合わせながら、キャリアで見劣る彼が、夏の時期に珍しい13頭立ての多めの頭数の福島で勝ったということは、しかし、一体どういうことなのかと今度は考える必要が出てきた。

ディープ×メリッサ。

カツジがそうであるように、デイリー杯2着時もNZT快勝の時も、勝ち時計は極めて平凡。

ただし、兄のミッキーグローリーは、体重増を続けた中で故障した後、復帰後の540kg台の馬体が大きく減ることはない状況なのに対し、弟は400kg台後半で安定した状態を作るのに四苦八苦している印象。

母がダート戦を勝ちあがって、ようやく芝のオープン戦を使われたのは5歳時。翌年の北九州記念で豪脚を披露している。

馬体重はメリッサとカフジは似たようなものだが、本質スピード型にシフトしているはずの大型のミッキーグローリーは、マイルのハイレベルのマッチアップは歓迎の可能性がある。

無論、1分33秒台でも勝機濃厚だが、条件戦でも、中山マイル2勝の内容がスローからの抜け出しではない点から、兄弟揃って巧者という見方もできる。

上昇度がこの前で止まってしまったような印象のライバルと追うより、この手の若手の方が狙いやすい。

◎ミッキーグローリー

○ロジクライ

▲ヒーズインラブ

注ウインガニオン

△ミュゼエイリアン、ヤングマンパワー、ロードクエスト

ウインガニオンは少しは楽にレースできるようになるはずだが、それはミュゼエイリアン辺りでも楽になるし、ショウナンアンセムも今度は強気に出ることがあり得る。

パワー型の馬から入って、力勝負に対応できそうな馬を狙いたい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方