2018年セントライト記念

競馬予想ブログ JUST

セントライト記念(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

衆目の一致する期待馬であるレイエンダの上昇力は、フレッシュな分だけ破壊力も抜群。

例年の500勝ちでも通用することの多い…、秋のトライアルのレベルを変えてしまうだけの一流馬になってもらいたい。

言うなれば、前走の1000万勝ちの内容は、例えば、古馬の重賞挑戦の経験値だとか、ラジオNIKKEI賞の好走に類する価値あるものであったように思う。

自信を持って戦うのが第一。今まで通りではいけないけれども、だからといって、自分の良さを消してしまうような極端な作戦変更は、あまり望ましい結果を生まないし、ひとまず壁にぶち当たるまでは、なのである。

どう走らせるか。

キレないけど、溜めないと危ないレイデオロを誰よりも理解するルメール騎手は、彼にどうアプローチしてきたかと考えると、相手なりにギリギリのラインまでは下げても、前走のように、ある程度の格の相手になってきたら、もう追い込みという考えは捨てようという雰囲気が感じ取れる。

つまり、脚質の分類は追い込みでも、すでに、勝ちに出るという形ではなくても、位置をそれなりに奪っていくイメージは作っているはずなのだ。

上がり馬の壁は、多頭数の経験値の差に出る。

それをカバーするのは、騎手のテクニックより、その経験値や展開に対する正確な判断力。

質の高い騎乗が最近特に多い鞍上だけに、ダブルフラットやジェネラーレウーノ等、行って渋とい面々は追いかけずに、それを見る位置にいる馬をどう捌くを、最小限程度に勝因に繋げるアシストとして、一応は準備してくるだろう。

正確には位置取りは重要ではない。

今の普通の力でどこまで走れるか、藤沢調教師と共に、ここで確かめたいだけなのである。

春の実績馬は位置取りはやや読めない面もあり、裏路線組を評価して、

◎レイエンダ

○ダブルフラット

▲グレイル

注ケイティクレバー

△ギベオン、オウケンムーン、ゼーゲン

やはり、ここはトライアル向きの馬から入りたい。

今年は特殊なレースばかりだったから、普通に戦えるこの場所で、普通のレベルの競馬を勝ってきた馬をただならぬ勢いで夏に成長してきた組が迎え撃つ構図が見える。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方