2015共同通信杯

競馬予想ブログ JUST

共同通信杯(2015)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

こちらで勝ったディープインパクト×ストームキャットの超良血馬は、名をリアルスティールと言う。曾祖母はミエスク。
新馬では別次元の伸びで、これはと思わせる内容であったが、東上緒戦の初重賞で、内枠からの好位抜け出しの離れ業を成し遂げ、あっさりクラシック候補に名乗り出た。

速さを感じた新馬と比べ、今回は上手に立ち回れる強みが活きた自在タイプの可能性を示し、この世代には少ない、強烈ではない武器を安定して繰り出せる馬になっていけそうな気がする。正直、ここまで強いとは思わなかったから、びっくりだ。

直前の京都で負けたハープスターや、前日の東京で負けたロカのように、いきなり勝利と操縦性の合理化という実益の両立を図ろうとすると失敗してまうこともあるが、早い段階で上手さへの自信を深める結果が出せたことは大きい。
故に、馬体の印象よりも器用な分、迫力負けもある。それはこの馬の個性として受け入れた方がいいかもしれない。
距離延長には、やはり限界がありそうだ。

ドゥラメンテは、下げることをテーマに掲げていたわけではないだろうが、父のイメージ通りに、距離が伸びた時こそ、より正攻法への拘りが必要になるタイプだろうと思う。
キレ味は母のようには繰り出せないから、多頭数での内枠では、勝ち負けを気にしすぎずに、はっきりとした戦法をとりたい。

以下、掛かりながらも粘ったアンビシャスの非凡さやミュゼエイリアンにもまだまだチャンスがありそうな気配を感じつつ、アヴニールマルシェの欠点も同時に見えてきた。
この馬は、脚の使い方を考えないといけないかもしれない。
新潟と東京のデビュー戦は後方一気、東スポ杯は好枠を利して、馬込みから抜け出したが、全部相手とはタイム差なし。
圧倒的な武器を持った馬が多い世代にあって、なまくらとも捉えられる器用貧乏さは、秋の東京より時計が速くなった今回、総合力の差で見せつけられるような結果だったと思う。案外きつい敗戦だ。

ティルナノーグの出遅れや、直線競馬を止めたダノンメジャーなど、クラシックに縁のない馬も露見し始めた、壮絶なクラシックシーズンの開幕といった様相である。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方