2018年アルテミスS

競馬予想ブログ JUST

アルテミスS(2018)見解

読了までの目安時間:約 3分

 

藤沢厩舎のフランケル・ミリオンドリームズは回避。

もう一方のソウルスターリングの半妹・ジェーングランツには、ルメール騎手が乗れない代わりに武豊騎手を配してきた。

久々に見るダンスインザムードコネクションは、秋の天皇賞参戦を機に実質解体となって以降、ルメールとの因縁含め、様々なドラマを生んできた。

ハーツクライとディープインパクトの対決構図も然り。

ルメールでダンスインザムードが復活したわけではないが、少なくとも、秋華賞よりはずっと気持ちよく走っていた…、というあの激走は今でも忘れらない。

ルメールはモズアスコットに乗るから、乗り替わりは当然だった。

これがまた因縁深いフランケルの産駒。姉はフランケルで妹はディープの仔。

陣営に狙いはあるだろう。

そのシェーングランツ。

デビュー戦こそ67秒台の5F通過でリズムを崩したが、未勝利戦は順当に平均ペースを突き抜け、時計は目立たないが、秘めたる破壊力の一端を示した。

姉は東京の1800を使われたが、こちらは一戦多いキャリアで同じく3戦目にマイルを使われる。

マイルのチャンピオンとして名を示すことになったフランケルが、2000Mをこなすまでには色々なドラマがあったが、こちらは既に、前段からエピソード満載。

詰まるところ、よく知られた血統の馬に、誰もが知る名手が乗る。

破壊力では上位のグレイシアは、今回は普通に乗ってくる可能性はあるが、先行しそうな馬は結構いる。

個性豊かな面々は多いが、ディープ2頭はもう片方がモレイラのミディオーサ。

上位はトスアップやアフランシールなどハーツクライ組を押さえれば、何となくまとまりそうな組み合わせ。

エールヴォアは馬場が特殊な日の圧勝馬で、軽さに乏しい配合。

例年は買いだが、今年はクラシック血統の才能が多い。切りで。

◎シェーングランツ

○グレイシア

▲ミディオーサ

注トスアップ

△アフランシール、ウインゼノビア、ビーチサンバ

西は相手に京都1400が何となくツボのように思えるロードクエストを拾い、堅めに小規模で。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方