2018年アルテミスS

競馬予想ブログ JUST

アルテミスS(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

これでいいのか。

そういうゴールシーンになってしまったのは、オッズが割れていたから、それは必然的なものであったのかもしれないと思いつつ、シェーングランツの意外過ぎる競馬に、色々な意味でダメを押されてしまった格好だ。

極端に速い展開ではなかったが、この時期の牝馬はあまり、消耗の激しい展開に対応できないケースは多い。

いい位置につけているように見えた人気のグレイシアのここ2戦の内容から、全くもって、そのような展開で沈むという構図が予見できなかったのだが、ビーチサンバが大胆に外に振って伸びてきたのより、さらに外に出た馬が勝ったので、苦しすぎたのかもしれない。

序盤から藤沢流の悪い流れが感じられたシェーングランツには、ルメール騎手に隠れて、衝撃的な仕事を見せつけた武豊騎手が騎乗。

百戦錬磨の至宝とて、中盤までは勝てるとは思っていなかったはずだろう。

ただ、しっかりとアクションを起こせるようにのしつけていった分、さすがは本格派欧州配合という手応えで、最後は良血馬らしいさすがの伸び脚であった。

姉のように鋭く1800戦を快勝した一昨年のアイビーSとはちょっと違う内容だったが、前というか、内にいたグループ総崩れの若干トラックバイアスのような戦略面の利があったことは認めつつ、全くレースになっていなかった馬の大外一気は、ディープ産駒ということで、しっかりと評価しておかねばならないだろう。

前走札幌で圧勝のライデンシャフトは、33.9-46.2-58.7でレースを牽引。

いきなり本番という展開になったのは事実だろうが、渋り気味の馬場状態でも、先行した組が力を出し切れなかったとは思えず、ちょっと人気になりすぎた馬が多かったのかもしれない。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方