2018年チャンピオンズC

競馬予想ブログ JUST

チャンピオンズC 2018

読了までの目安時間:約 3分

 

南部杯がキーポイントになることは多い。

秋緒戦が盛岡という馬は、いつも要注意だ。

その盛岡組。てっきりゴールドドリームは京都でも走るのかと思っていたが、早合点。

何度も2か月以上の間隔を開いて使われてきたことを、少し忘れていた。

十分に連覇可能の状況は、真面目にコツコツ使い込んできた組には脅威となる。

武蔵野Sも含め、秋にマイル重賞で好走している馬は、ホッコータルマエやコパノリッキーの例外はあるが、1800戦になってから、ほぼ安定して上位争いに加わっている。

昨年ようやく馬券に絡んできた、そのコパノリッキーの例。

JBCで走りすぎると反動が出ることも多いので、ホッコータルマエのように、ボチボチ負けるのがいい。

ただ、レベルが影響するから、今年は勝ち負けでないと苦しい。

その上で、中央のGⅠになった今年は、消耗が大きい。

JBCとの関連性では、阪神・中京移設後は、地方の実績が重視されるから、秋になる前の実績馬がJBCを経て快走の構図が多い。

スピードランナー有利ではない条件。

当然、速き事万能の如しであるルヴァンスレーヴには、最も不適合条件となる。

分岐点にしたい。

それは、レースレコードを作ったゴールドドリームがいるから。

南部杯直行組などほとんど記憶にないが、今年はちょっと異例の雰囲気にある。

スピード優先型の昨年の構図は、そのまま、距離延長への適応力のようなものがこのレース後、証明されていった。

ならば、以後距離が延びていい味を出せそうなのは、やはりゴールドドリームの方だろう。

そこに4、5歳の活躍馬が絡み、ルヴァンスレーヴにはタフに戦えるスキルが要求される。

気性との兼ね合いではあるが、古馬が有利なレースであることに変化はないはずだ。

血統面で注目は、キングマンボもゴールドアリュールも来ている点。

フェブラリーでキングマンボが来たのは、前年のJCダートの結果から人気になったホッコータルマエ、ベルシャザールがコパノリッキーに粉砕された時くらい。

故に、縛りは少ないと断言できる。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方