2014新潟記念

競馬予想ブログ JUST

新潟記念(2014)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

ダコールに跨っていたのは、あの横山典弘だった。狙いはただ一つ。

メイショウナルトを潰せ。

マイペースに持ち込めず、直線入り口の時点でもう余力のなかったメイショウナルトは、ただただ600Mの果てしなく続く芝コースを恨めしそうに、否、今日はもうおしまいと闘争意欲を失って、流していた。ただ、10着でも惨敗とは言えない勝ち馬と0.6秒差でのゴール。

確実に、我慢が利くようになってきている。

 

展開を読む上で、この2頭がレースを作ると読んだところで、こんなに難しい競馬を当てられたその根拠になるわけではないが、賛否は色々出てくるだろうけれど、勝負というのは常に自分の有利な形をいかに積極的にとれるかに懸かっているもの。

きれいな形ではなかったが、これはこれでありなのがハンデ重賞だ。

 

さてさて。直線で最も細かく進路を変え、一番迷惑をかけてしまったローウィーラー騎手跨るマーティンボロが、1番人気の呪縛を解き放ってサマー2000チャンピオンに輝いた

結果的に見て、その進路選択は必ずしも正しくはなかったが、ローウィーラー騎手の脳裏には、前と外をカットされた状況で、覚悟の上ではあっただろうが、内に飛び込む狙いしか浮かばなかったことは想像に難くない。それがまた競馬の真理である。

 

日本ではその部分において、きれいに乗りたがる騎手が大半だから、騎手のラフプレイに対して、批判の声をあげる関係者も少なくない。

ただし、問題の本質は、違いの理解度ではないだろうか。

外国の騎手にとっては、日本の芝馬などオートマチック車である。勝手にギアが上がって、いつ間にかトップスピードに入っている感じだ。

せっせと直線目一杯追って、それでもゴール板を過ぎてからやっとギャロップに入る馬だっていっぱいいる環境で、例え世界のいい馬に乗ったとしても、その反応の良さだけは、咄嗟の判断が求められる今回のようなケースでは、往々にして良かれと思った最善策が裏目に出てしまう。

 

だから、ズブい馬をあたかもお手馬のように御すのは、そういう馬が多いところで騎乗しているかであって、それが必ずしも高い技術であるとは言えないのだ。外国人騎手がサンデー系の馬に乗るときは、細心の注意が必要である。

 

ただ、価値ある栄誉を勝利の副産物として得たことで、陣営の判断を正しかったと証明された。その事実だけはきっちり残されるべき、素晴らしい決断である。

批判は簡単だが、勝者を貶す意味はないに等しい。今回は特に、馬の能力の問題とは言えない。

謙虚であることの大切さ。競馬の難しさが、これ程凝縮されたレースも珍しい。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方