2015函館スプリントS

競馬予想ブログ JUST

函館スプリントS(2015)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

いや、鮮やかだった。
幾らか自在性が出てきたティーハーフだから、一時期の過剰人気に応えられない残念な追い込み馬のイメージは、今日で完全に払拭された。
函館2歳Sで、洋芝未経験ながら人気になって負けて以来、長いことかかってしまった信頼の回復ではあったが、先行勢の自滅も含めて、4角手応え十分で上がってこれた時点で、直線の攻防は見るまでもない状況であった。流れが来た。
彼の日に期待したあの走りが、やっと今できるようになったのだから、言わずもがな、この先の重賞ロードは人気のプレッシャーと正攻法で向き合えることになる。

ただし、100点満点の競馬ではなかった。
前記の通り、結果的に見れば昨年同様の先行崩れで、差し馬の台頭しやすい状況だったから、今のティーハーフにはどうってことのない競馬にはなったが、スタートは相当ひどかった。
これはないな、というほどの加速力のなさで、それでも結局楽勝できたのは、ちょっと無理をして前を追いかけたけれど、前をいつ捉えるかということに騎手が迷っている暇がなかったからである。
力は認めるが、ここまでの出負けはちょっと想定外であろう。
うまくいったけど、力が違ったのもまた事実。

こうなると、楽勝の要因を作ってしまった先行馬のことについても多少は触れないといけない。
フギンにリズムを完全に崩されてしまったアンバルブライベンは、元から超快速の先行馬ではないので、直線競馬が得意な馬にしてやられた格好。
高松宮記念もそうだったが、先行争いやマークの厳しい競馬には向かない。これは仕方ない。

コパノリチャードは、その分言い訳できない。
58の斤量は、古牡馬であればこなさないといけないから、それは理由にならない。
期待を集めたのは、鞍上の人気もあってことだろうが、それも本質的な敗因ではないから、少し考えてみたのだが、
「短い?」
という、ある意味3歳時からマイルを走っていた馬の原点に立ち戻ってみては、と陣営には一言することで落としどころを見たい。
あまり本質的に距離へのこだわりを持たない方が、馬が走りのリズムを作れる可能性がある。
が、適鞍は夏には見つからない。みんなで考えた方がいい。出来は春よりはよかった。

元々気難しいローブティサージュは期待しすぎがダメな馬だから、これも消えて不思議なし。
だから、そもそも上位争いが限られるような組み合わせで、加えてテンが速かったということで、またしても昨年見たような競馬を目撃するに至ったのである。

不可解でもないが、これが夏競馬の定説である「勢いのある馬を買え」の、今年最初の典型例だとすれば、誰もが納得できる波乱として捉えられるはずだ。
やはり、一筋縄ではいかないことを前提にしなければ、長い夏は乗り切れない。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方