2014ローズS

競馬予想ブログ JUST

ローズS(2014)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

衝撃的な展開ではあったが、この勝負はレッドリヴェールが向こう流しでどうもリズムに乗れなかったことから、この結果を予感させるものがあった。

本来の走りができなったのは、きっと、春と比べて+10kgだったにも拘らず、内面的な成長がほとんどなかったことが原因であろう。距離適性の再検討を含め、あまりわせわせと馬を追いこむような使い方をすべきではない状況にあるのかもしれない。

明らかに、蓄積疲労が成長を阻害している印象を受ける。

 

一方、こちらも休み明けで春のいい頃よりは反応はイマイチでも、気合をつけられてからはしっかりとしたフットワークで抜け出したヌーヴォレコルトの強さが際立ったトライアルとなった。

-6kgでの参戦。栗東での長期滞在はトレンドでもあるし、騎手との兼ね合いも考えたら、女王杯までは同じリズムで使える方を選択するはずだ。

お互いにほとんど成長はなかったが、明暗はくっきり。本来、血統的な見地から考察してみても、むしろこれから先の方が本番という感じはするものの、休みを有効に使えたかどうかの差ははっきり出てしまった格好だ。

 

ヒルノマテーラに着目していたから、内から伸びてきたもう一頭の緑色の勝負服にびっくりさせられたのだが、タガノエトワールにはさすがに参った。

単勝オッズが示すように、未勝利勝ち直後の馬が、路線の最高水準の馬を相手にきっちり結果を残した。その才覚を否定する意味合いは全くない。

キャリア3戦の身で、それも乗り替わりでかつ初めてのコースで初めての坂。何をとっても単勝100倍に異論のないところだったが、全てがかみ合った結果となった。

 

インから伸びるのは、今の馬場を考えたら最低限の穴馬のルールで、それがハマるのもまた穴馬だからこそではあるが、上がり3Fメンバー中断トツの33.3秒の衝撃は、想像をはるかに上回る新星登場を予感させる。

母は活躍できなかったが、社台の中核を形成する優秀な牝祖ファンシミンから派生した最も結果を出しているダイナフェアリーが曾祖母という血統背景。松田博資師の手腕を加味すると、体重増なら本番も怖い。

 

春に続いて、トライアル3着で本番の出走権を得たリラヴァティはゼンノロブロイ産駒で、決め手勝負に持ち込ませなければ、春より快速型が減ったことも手伝って、また積極策に出た場合は引き続き面白い存在となりそうだ。

 



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方