2014 ダート路線

競馬予想ブログ JUST

2014年 ダート路線検証

読了までの目安時間:約 2分

 

ホッコータルマエが当たり前のように川崎記念を勝ってからは、4歳馬と古馬の棲み分けによってGⅠスケジュールが進行していった。

その先駆けが、フェブラリーSという大舞台で突如として開眼、否、本当は走る気持ちを取り戻しただけのコパノリッキー・GⅠデビュー戦での殿人気鮮烈ウインという事件だった。
「あり得ない」
そう思っていたら、出負けから中間外目追走も、フェブラリーS以上の強い勝ち方でかしわ記念もあっさりゲット。これは…。

が、あの常套句が飛び出したのも束の間、泥田の帝王賞は再考の余地を残す結果となった。
ここで、自滅する弱さと必ずしも自在脚質ではないことが証明された。チャンピオンズCで過剰人気にならなかったのはこのせいか。
ここでは、古豪ワンダーアキュートがもう付き合いの長い武豊と共にその穴を埋めた。流石だ。

ドバイWCの頃までは、ベルシャザールとホッコータルマエが路線の頂点に立っていたのだが、全く見せ場なく敗れてからは、若い専門家の台頭が目立った。
ベストウォーリアの成長とクリソライトの復活。サンビスタ対ワイルドフラッパーの激闘。古株同士の決闘は、盛岡のスプリント戦を制したドリームバレンチノが自分の居場所を確保した時くらいなもの。

そんな連中たちの頂上決戦となったJBCクラシックとチャンピオンズCは、新旧王者どちらかに有利に働く「流れを読んだ」展開になった。
東京大賞典や明けてもすぐに川崎と府中で注目すべきレースは行われるが、もう中京の一戦で、全ての可能性が出し尽くされた感がある。
次の大井は、フェブラリーSみたいにまた一騎打ちになるかもしれない。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方