2017年 ダート血統

競馬予想ブログ JUST

ダート血統の時代へ

読了までの目安時間:約 3分

 

地方も含めると、日本競馬はダート戦がメインとなるのだろうが、高額賞金レースの殆んどは、ほんのわずかしか行われていない芝の重賞である。
しかし、日本で慣らした血統というのは、どの国でもそういうものだが、土着の傾向を少しずつ取り込んでいって、淘汰を繰り返すうちに独自の進化を果たす。
(外)という概念が(父)制度の撤廃によりなくなったのと同様に、今その血統の振れ幅はより大きくなっている。

レッドファルクス
 スウェプトオーヴァーボード×SS×アファームド

秋華賞と菊花賞の勝者はそれぞれ、
ディープ×マキャヴェリアン×ヌレ
ディープ×オルペン×サザンヘイロー
という配合。
昨秋はこれくらいしかダート色を感じさせる才能の躍動は見られなかった。
が、今年はそれが異常に増えた。

セイウンコウセイ<稍重>
 Aムーン×カポーティ×ミスワキ
レーヌミノル<稍重>
 Dメジャー×Tシャトル×ロイヤルスキー
アルアイン<レコード>
 ディープ×エッセンスオブドバイ×グレートアボヴ
アエロリット<レース史上3位>
 クロフネ×ネオ×ヌレ
アドマイヤリード<稍重>
 ステイゴールド×ニュメロス×ケンマール
レイデオロ<超スロー→高速上がり>
 キンカメ×Sクリスエス×シーキングザG
サトノアラジン<歴代2位タイ>
 ディープ×Sキャット×ファピアノ

不思議な決着と雨馬場の多さに加え、騎手の腕も光った上半期だったから、色々と変わった傾向が出ているのは確かだが、ひとえに、
「究極の場面」
というファクターが、新記録の樹立ではないそのゾーンの入り口付近における守備範囲内での極端な傾向に繋がった可能性を見て取れるのではないだろうか。

簡単に言うと、どれもチャンピオン血統ではない。
でも、いい出来の馬となれば、いくらでもチャンスがあれば出番をモノ出来る準備さえ整っている条件で、爆発的な才能を発揮する。
母父という括りよりは、全体のダートよりの傾向が、芝血統の血の袋小路化の流れで顕著になっているから、隙間を埋めているのではないのか。
あくまでも仮説だが、この夏も少し見劣りする配合の馬が、ダート寄りということで勝ち切るケースを多く見かける。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。

2019/11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
2019/11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
2019/9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
2019/8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
2019/8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
2019/7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


日曜のG1などメイン予想は直前公開となりますが、無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」では土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方