血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

クラシック組の息切れ

読了までの目安時間:約 3分

 

・晩成という概念も変化

キタサンブラック○ オウケンブルースリ、トーホウジャッカル×

ダービーとそれ以外のクラシック戦で考えたら…、その変化は小さい。

ただ、クラシック戦線という括りでいうと、ステイゴールド産駒が元気だった時代を経た今、デビュー時期に極端な差が出ている。

・ダービー後に初勝利という馬が近10年で菊花賞2勝。

ただ、皐月賞トライアルにしっかりと賞金を持って出走して、それも勝ってしまったキタサンブラックは、古馬になってからGⅠを6勝。

ダート馬以外のレコードである。

頃合いというものは、いつもキーファクターになる。

・'13年以降のクラシックホースによる、4歳以降でのGⅠ勝利馬

皐月賞
ロゴタイプ 安田記念(6歳)

東京優駿
なし(レイデオロ以外は望み薄)

菊花賞
エピファネイア ジャパンC(4歳)
キタサンブラック 春天2勝など6勝

桜花賞
なし(レッツゴードンキ、レーヌミノルが現役)

優駿牝馬
なし(ソウルスターリングが現役)

NHKマイルC
ミッキーアイル マイルCS(5歳)

秋華賞
ショウナンパンドラ ジャパンC(4歳)
ヴィブロス ドバイターフ(4歳)

過去5年としたのは、その前の3年でオルフェーヴル、アパパネ、ジェンティルドンナらがいたため。

にしても、不振といえる状況。

・デビュー時期のデメリット

ディープインパクトの次の世代から、デビュー時期を区分するとこうなる。


レイデオロ
マカヒキ
ドゥラメンテ
キズナ
ディープブリランテ
エイシンフラッシュ
ディープスカイ
ウオッカ


ワンアンドオンリー
オルフェーヴル
ロジユニヴァース
メイショウサムソン

ウオッカを除くと秋デビュー組は早熟が多い。ただ、マイル以下でデビューの2頭は、マイルでもGⅠを勝っている。

夏デビューでも、3歳になって重賞を勝った2頭は、大いに活躍した。

成長曲線が緩く上昇し始めると、自然とクラシックの時期に調子が上がっていく。

早期にポンポン勝つようでは、上がり目がなくなる。

時期に関係なく。

全体像としては、昔より早熟性が増した一流馬が増え、晩成タイプは相変わらずだから、晩成の方が有利に見えているように思う。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方