競馬コラム ワールドC

競馬予想ブログ JUST

世界に破壊力を見せつけろ

読了までの目安時間:約 3分

 

フェブラリーSがちょっと変化球のような、難しい側面を含んだ結果だったことと、そこに例年より川崎記念組が多く出走していたせいか、メインイベントたるワールドCには、正直言って、もう一時期の勢いはなくなってしまったアウォーディーのみが参戦は寂しい。

それでも、軽く勝てるレベルの年と、自身が桁違いに強いという時にあっさりの快勝という結果を望むまでもなく、総合力でのアドヴァンテージがある日本の芝路線組が、今年は大挙して2GⅠに参戦予定。

餅は餅屋、という空気を作るには最高の陣容と言える。

むしろ、負けてはいけない雰囲気というのもある。特に、GⅠで人気に応えている組は。

ダート

ディオスコリダー

<回避>

アウォーディー

久しく勝ち星からも遠ざかっている状況だが、昨年は厳しい馬場状態で5着。

昨年のような雨があるくらいだから、川崎くらい砂が厚い馬場になってくれるといいのだが…。

ドバイでだけ強い馬というのも、いたっていいではないか。

モズカッチャン

レイデオロ

サトノクラウン

それぞれに勝因になりそうな血の特性がある。

ハービンジャー、マルジュらはアスコットのGⅠ勝ちがある馬。レイデオロの父、母父は、スピードとスタミナ両面に長けた日本のビッグネーム。

4歳の2頭には、すでに道悪での好走歴があり、瞬発力勝負でキレ負けするほど不器用ではない。

サトノクラウンは徐々に気性面に、明らかな進境が見られる状況。

位置さえ取れれば、ひどい競馬はしないだろう。

時計がちょっと速くなってくれるとうれしいが、欧州の一流どころには、大した死角にはならないか。

総合力は日本馬の方が上に思うが。

ディアドラ

クロコスミア

ヴィブロス

ネオリアリズム

リアルスティール

日本の隣国で行われる香港カップばりに有力馬が集結。

一時期の秋の天皇賞のようなメンバー構成。

キレではディープに一日の長があるし、それらはこのレースの勝ち馬。でも、展開上のメリットを考えたら、クロコスミアとかネオでも…。

シーマクラシック組ほどの骨太さがないのは、ちょっと苦しいか。

相手は猛者揃いといかないまでも、ビンスルールとオブライエンが世界の壁として立ちはだかる。

実力伯仲だと思う。


* * * * *

【特集】無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで驚異の回収率

08/10 札幌6R 買目26点で 3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で 3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方