競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

学習能力とその習熟度

読了までの目安時間:約 3分

 

ダノンプレミアムを褒める。

素晴らしい競走馬であると同時に、レース内容に狡猾ではない強かさが見て取れる。

文武両道、多言語対応のアスリートといった佇まいである。

ディープインパクトも大いに賢い馬であったが、それは父サンデーサイレンス譲り。

まさに、一子相伝である。脚質は隔世遺伝の節も見られるが。

マルゼンスキーやグラスワンダーなど、異常なレベルの傑出した天才などは、生まれた時から違うものを示すことがある。

彼らは共に、自身が勝てなかった東京2400Mのタイトルホルダーを送り出し、その枝葉の中から、また違う配合で、自分と似た才能の持ち主を孫の世代から輩出した。

チヨノオー全兄・サクラトウコウ産駒のネーハイシーザー、スクリーンヒーロー産駒のモーリスである。

これらは最初から速かったが、しっかりと競馬を覚えた後、古馬になってから中距離部門の王者になっている。

古馬のゆっくり成長型とは、天才から生まれるものなのか。

2、3歳限定GⅠの非連対馬で、古馬以降で中長距離GⅠ2勝以上の芝馬は、早熟性が増した近年の傾向通り、実に少ない。

グレード制導入後

・タマモクロス

・イナリワン

・サクラローレル

・カツラギエース

・メジロパーマー

・タップダンスシチー

・アドマイヤムーン

・ラブリーデイ

・ジャスタウェイ

・モーリス

・オグリキャップ

完全な中距離型を除き、総じて正攻法で戦う馬ばかり。

クラシック級ではないと言える馬が多かったところで、自力でレース組み立てられるタイプにしかできない芸当と言える。

クラシックは万能性が求められる。

古馬になって持ちうることができるものを、すでにダノンプレミアムは持っているのだろう。

時計勝負にも、スローの我慢比べにも対応してしまった。

あとは、成長力ではなく能力の持続性が問われる。

ダノンプレミアムの活躍は、即ち、中内田調教師の経験値になり、またその実績が名馬を生む原動力になる。

夢は大きく広がりつつある。同時に、ナリタブライアンのような燃え尽き方は、何とかして避けてもらいたいのだが…。

日本の高速馬場が、時に恨めしくなるのは、何処も同じか。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方