ディープインパクト 血統

JUST競馬予想ブログ

先行型ディープの研究

読了までの目安時間:約 3分

 

ワグネリアンやマウレアがクラシックに挑む今年。

絶対数の増加とともに、差し馬以外の活躍馬の質も向上している。

 
今年の先行型の重賞勝ち馬

ダノンプレミアム

母父インティカブ<ロベルト系・ヘイルトゥリーズン同系配合>

カワキタエンカ

母父クロフネ<ノーザンダンサー-ヴァイスリージェント系>

 
歴代の活躍馬

ヴィルシーナ

母父マキャヴェリアン<ミスタープロスペクター系>

ファンディーナ(現役)

母父ピヴォタル<ノーザンダンサー-ヌレイエフ系>

エイシンヒカリ

母父ストームキャット<ノーザンダンサー-ストームバード系>

ディープブリランテ

母父ルーソヴァージュ<ネヴァーベンド-リヴァーマン系>

ミッキーアイル

母父ロックオブジブラルタル<ダンチヒ-デインヒル系>

 
その気になれば速かったのがカワキタエンカとエイシンヒカリ。

しかし、総じて快速型というより、器用にスタートを決められる気難しいタイプが大半で、差し馬の安定感とは一線を画している。

その意味で、ダノンプレミアムのこれまでのパフォーマンスは高く評価されて然るべきだろう。

番手から抜け出すタイプというのは、途端に本当の時計勝負への対応力を持つ場合が多いが、それは自在型の証であり、下げても味が出ない一方、どんなレースでも対応できる高い持続力を武器とする。

それはどの血統でも同じであるから、サンデーサイレンスよりも早く先行型が出ているわけではない一方、いつまで経っても一流馬が少なかった印象とは、その点で明らかな違いがある。

ミッキーアイルは早くから短距離路線に絞ったローテを組み、結果を出した。

ヴィルシーナは底力型で、かつタフな馬場を好むタイプではあったが、ヴィクトリアマイルの連覇は偉業と言える。

逃げ馬が増えるかはともかく、パワー満点のディープは、サンデーの秘める本質的なスピード能力の継承者であり、最後に生き残る系統を形成する可能性を持つ。

得てして、本物とはそういうものなのである。

先行型ディープの全ての成功パターンを踏襲するダノンプレミアムが、クラシック戦線で連対もかなわないというシーンは、ほぼ想定しなくてもいいだろう。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方