名勝負 2007皐月賞

JUST競馬予想ブログ

春の名勝負

読了までの目安時間:約 3分

 

'07皐月賞

ヴィクトリー-サンツェッペリン-フサイチホウオー

チューリップ賞の劇的展開は象徴的で、牡馬の線が細かった印象もあるクラシック。

桜花賞を制するダイワスカーレットに1勝1敗だったアドマイヤオーラは、同じアグネスタキオンを父に持つこともあって、当初から注目される存在だった。

ブエナビスタは生まれてまだ一年くらいの時期で、今となれば、兄のアドマイヤジャパンより脈ありの評価が適当か。

無敗のフサイチホウオーは、戦いを重ねるごとにジャングルポケットの傑作と言われた血統馬。

ラジオNIKKEI杯の斜行は物議を醸したが、共同通信杯もきっちり勝っていた。

中心馬はこれ。ダービーもこれで堅い、という雰囲気だったのだが…。

そのホウオー斜行時のレースでいじめられることなく、逃げ粘ろうとしたのがヴィクトリー。

行くしかない馬にしたくなかったが、若葉Sで行くことにしたから、乗り替わりの田中勝春騎手は迷うことなく先手を奪った。

金杯楽勝のシャドウゲイトで幸先のいいスタートを切っていた鞍上は、いつになく燃えるところがあったことをよく覚えている。

やればできるじゃないか!

まだ若かった松岡騎手は、トライアル不発で見下された評価に甘んじた京成杯馬・サンツェッペリンに乗っていた。

京成杯実力勝ちの内容をみんな忘れてしまったのか。

レースはヴィクトリーが行って、つかず離れずのサンツェッペリン2番手。

以下大きく離され、ヴィクトリーが行くんだから、それは速くていずれ止まるだろうと思っていた。

筆者は本命だったから、妙にリズムのいい先行に期待感が増した。

直線に入っても、もうひと伸びしたヴィクトリー。

サンツェッペリンは渋とい脚が魅力の馬だから、前が厳しくても粘れる。

中団から追いかけた人気勢は、決め手は上でも、こういうタフな展開の経験値には乏しかった。

結果、強い競馬をした前の2頭のデッドヒート。

逃げ粘りと差し返しで、ヴィクトリーが血統の力で制したようなレースだった。

ブライアンズタイム産駒はこれでこのレース4勝目。

ナリタブライアン以外、⑪、⑮、⑦人気という結果通り、クラシック戦線に大きな穴を開け、激闘の幕が上がった。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方