血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

人気と実力の狭間で

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅠ

芝の1番人気馬が、

高松宮記念 ⑧レッドファルクス 2.3倍

大阪杯 ①スワーヴリチャード 3.5倍

桜花賞 ②ラッキーライラック 1.8倍

皐月賞 ⑦ワグネリアン 3.5倍

という結果は、何とも悩ましい面がある。

大阪杯は2年連続で1番人気馬が勝利するも、GⅠ好走歴のある単勝15倍以上の馬が相手に絡んでくるから、これも案外厄介。

納得できるような時計の勝負にならないと、人気馬が走る保証はないようだ。

天皇賞が荒れそうで荒れなかったのも、逆の意味で捉えることもできるし…。

GⅡ

スプリングSの週から、青葉賞に至るまで合計8レース行われ、

1番人気【2141】<日経賞 ⑨キセキ>

2、3番人気【1106】 <NZT ①カツジ>/【2105】<①レインボーライン、ガンコ>

穴馬券が多量に出現したわけではない。

阪神牝馬S ①ミスパンテール<4人/8.4倍>

マイラーズC ①サングレーザー<4人/6.8倍>

青葉賞 ①ゴーフォザサミット<6人/14.6倍>

騎手も実績も、非上位人気馬が見劣っていたわけではないから、荒れるならヒモということだったようだ。

その他前開催でのオープン戦における主な波乱のレースは、

ダービー卿 ヒーズインラブ④-キャンベルジュニア⑥

忘れな草 オールフォーラブ①-リュヌドール⑩-ゴージャスランチ⑦

京葉S ダノングッド⑨-ベストマッチョ①

福島民報杯 マイネルサージュ⑤-マイスタイル①-ストーンウェア⑩

などで、基本的にハイペースからの差し脚勝負での波乱。普通といえば、そういうことになる。

敢えて、ここではアンタレスSに触れておきたい。

①グレイトパール①

②ミツバ③

③クインズサターン⑤

休み明けのグレイトパールが、じんわりと仕掛けていって、力勝負でミツバ以下を封じたレース。

不良馬場ながら前半も60秒そこそこで流れ、37秒台前半の脚を上位勢がみんな使う厳しい展開。

つまり、実力通りの決着であり、実績の足らなかったクインズサターンも、ハマった印象の3着ではなかった。

時計勝負不適のナムラアラシが8着だった以外はほぼ力通り。翌週レコード決着となったGⅡ2戦並みに注目の一戦となった。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方